新着Pick
302Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パランティアが政府と契約を結んでいることで批判されていますが、これはアマゾン、セールスフォース、マイクロソフトも同じです。

19日から開かれたセールスフォースの年次イベント、ドリームフォースでマーク・ベニオフCEOが壇上で基調講演をしている時も、抗議する人が割って入り、一時講演がストップする事態
になりました。

合計三人の抗議人が、CBP(米国の税関と国境保護)との契約に反抗し、会場内でベニオフ氏の講演のボイコットを試みました。

セールスフォースはアメリカ国境で子供が家族と強制的に分離させているCBPの活動を支援しているという批判を受けています。社員や外の組織から契約をやめるようにとの声が上がりましたが、ベニオフCEOは熟考の末、最終的にこの契約を保持しています。

外からだけでなく、中からもこういった声が上がってくるというのが今のテック企業に吹き荒れ逆風の厳しさを表しています。
今週のシリコンバレーの生の温度感を、お伝えします。

今週はセールスフォースの目玉カンファレンスの「ドリームフォース」が、サンフランシスコ市内で開かれましたが、あろうことか創業者のマーク・ベニオフの登壇中に、複数の参加者が叫び声をあげて、一時スピーチが中断になりました。

背景には、巨大になったデータ企業に対する反感が、非常に高まっていることが上げられます。

日本ではピーター・ティール氏が今週来日して、新しいビジネスを損保ホールディングスとやることを発表しました。しかし米国のお膝元では、ティール氏の抱えているビッグデータ企業のテクノロジーが、移民排斥を進めているという非難があがっています。

巨大化したテクノロジーと、人々が望んでいる社会とのギャップは、これからビジネスにとってますます重要な論点になりそうです。
マイクロソフトvs.スラック! マイクロソフトのTeamsを毎日利用しているデイリーアクティブユーザー数(DAU)が2000万人を超えたとの発表後、スラックの株価は8.4%下落、6月のIPO初日の終値からは45%も下落。メールに取って代わるビジネスコミュニケーションを誰が制するのか!? 様々な分野でマイクロソフトの躍進が続いています。
SlackとMSのTeamsの比較が面白い。自分の周りでSlack利用者が多いからかもしれないが、Slackは「愛している」人が多いように思う。Teamsは数(記事で指摘があるバンドル含め)は多いのかもしれないが、それは感じない。

ちなみに、個人的に今週一番アツかったニュースは、あまり日本語で話題になっていない気がするが、RPA大手Automation Anywhereの約300億円の調達、バリュエーション約7000億円也。ビジョンファンド銘柄でもある。大手もう1社はUiPath。
https://newspicks.com/news/4404387
https://newspicks.com/news/4407299
今週気になった話題は、「アマゾン・ダッシュ・スマート・シェルフ」。ビジネス用の注文ツール。ボードの上に買いたいと思うボールペンやテープを置くと、その重さなどを検知して自動発注してくれるそうです。

オフィス用品は多様。ダッシュボタンをアイテムごとに取り付けていたら、オフィスはボタンだらけになってしまう。そこでシェルフを考案。この発想がアマゾンらしい。利用者の立場を常に考え、改良し続けている姿勢に一票。
「テック企業への逆風」を感じると同時に、逆風が吹くことも勢いのある証拠かと思う一週間。
マイクロソフトに競合サービスを当てられるslackは逆風どころか嵐?
どう対応していくのか、目が離せません。
ピーターティールのパランティアがSOMPOとの合弁で日本にやってきたとのこと。

個人的にはWeWorkなんかよりはるかにインパクトの大きいスタートアップと思ってます。政府系データを扱ってるのでスタートアップというカテゴライズではないかもしれませんが。

昔サンクチュアリという漫画で、国を変えるには表と裏をどちらも制する必要が描かれてましたが、ピーターティールとイーロンマスクがやってることはそれに近い気がします。彼らの場合は国という単位ではおさまらないですが。
"多くの日本人は、このパランティア社がどれだけ迫力のあるビジネスを展開しているか、ほとんど知らないはずだ"
もう6年前になります。ダッシュボードを見せてもらいましたが凄いの一言。ついに日本に上陸するんですね。
Slackは、本当の魅力を知って使わないと、そのうれしさが体験できないので、メールっぽく使ってしまう人たちはTeamsで十分ということがSlackにはキツイですね。

日本でSlackを使っている人たちも知っていますが、ほとんどの人たちは「メール的」に使っている場合が多いです。

Slackの人たちと一緒のチャネルで使ってみると「へぇ、こういう感じで使うんだ!」とわかると思うのですが…

個人的には、Slackのファンなので、負けないで欲しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Slack vs MSのTeamsをどう見るかは興味深いですね。

考え方によっては、株価下落でSlackの買い場(一般投資家としても、MSとしても)とも思える。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。