新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年11月は全く今とは異なる状況だった。蔡英文総統は、六大市長選挙で歴史的な大敗をした。支持率は30%に落ち込み、党首辞任まで追い込まれた。とりわけ民進党の牙城である南部の高雄市を初めて落としたことは衝撃だった。この時に高雄市長選に勝利して一躍ヒーローになったのが、2020年の台湾総統選で蔡英文氏と戦う韓国瑜氏である。この六大市長選挙は、台湾総統選挙の前哨戦みたいなものであったから、蔡英文総統の再選は誰の目にも不可能に思えたものだ。それが一年前だ。

それが香港デモの激化とともに、「香港は明日の台湾」として、国民の中国への警戒心が高まり、蔡英文総統もその流れを巧みに利用したり、米国との関係を深めたりすることで、様相は一変した。来年初頭の選挙では、圧勝するだろう。蔡英文総統が再選されることは、中国共産党政府の台湾統合戦略の後連れ、戦略修正を迫られる。

そして米国議会は香港人権民主主義法案だけでなく、台湾をさらにサポートすり「台北法」を通そうとしている。蔡英文総統への追い風は続く!
台北からの報告ですが、来年1月11日の台湾総統選に香港デモが影を落としているようです。選挙戦は、再選をめざす与党民進党の蔡英文総統と、2大政党の一翼を担う野党国民党の韓国瑜・高雄市長の事実上の一騎打ちの構図。一時は支持率で蔡氏を上回ることがあった韓氏は対中融和路線のイメージがあだとなったようで、今夏以降の世論調査では「台湾の主権を守ろう」と訴える蔡氏の支持率が、韓氏を10ポイント前後も上回っているそうです。
中国がチベット、ウイグル、香港に対して行っている弾圧は台湾にとって人ごとではない

新疆と香港を踏みにじる中国
徹底的な新疆弾圧を指示した習近平
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58326

つながっているウイグル問題と香港問題

このスクープ記事を書いたニューヨーク・タイムズの記者は香港駐在でこのニュースも「香港発」となっているのはなんとも言えない気分だ。というのも今香港はまさに “新疆化” している状況だからだ

若者の中国専制に対する命がけの抵抗を中国は「テロ」と表現しその弾圧を正当化しようとしさらには数千人の若者を「暴動」に関与したとして手当たり次第に拘束しどこに収容されているのかケガの手当てがされているのか弁護士にも家族にもわからないという人が多々存在する

香港の人権団体・本土研究社によれば深圳に近い山間部に「反テロ訓練センター」の建設予定があり19億香港ドルの予算が計上されているという。この施設は新疆ウイグル自治区のテロ対策施設を参考にしており実際に香港警察は2011年から毎年エリート警官を7人ずつ新疆ウイグル自治区のテロ対策施設での研修に派遣しているそうだ。訓練センターには新疆と同じく反テロ再教育施設のような洗脳施設も併設されるのではないかとの話も出ている

ウイグル族の強制収容 中国政府内部文書入手
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191118/k10012181171000.html