新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日本政府はほとんど譲っていない。米国から迫られ、韓国が折れたのが実態だ」(日本政府高官)
これは以前の日本にはなかった展開。よくやったと思います。
今回の件を通じて、日本は以前のように簡単には折れない、韓国がゴネてももはや何も得られない、米国を苛立たせるのは危険、といった教訓が日韓両国に共有されたのではないだろうか。
あくまで新聞の記事ですから、大統領府に忖度している可能性があります。

破棄を強く主張していた国民の中には、不満を持っている人たちが多いと思うのですが・・・。
これまでの日韓関係の歴史では、日本が最後まで折れずに韓国の姿勢を変えさせた初めてに近い例なのではないでしょうか。それだけ文大統領が滅茶苦茶なことをやってきたとも言えます。もちろん日本政府は水面下での米国への根回しや韓国がWTOに提訴した場合のシミュレーションなど十分な準備をしていたでしょう。
韓国もこれで一方的に声高に非難し続けても日本は折れないという学習をしたでしょう。とはいえ反日で凝り固まった文大統領が失脚しない限り油断は禁物です。正常な日韓関係になるのはまだ先だと思っていた方がいいですね。
韓国では政治よりも、マスコミの方が安全保障、国際政治、そしてアメリカをわかってますね。
韓国主要紙も今回の「GSOMIA」失効回避を1面で大きく報じた。
「協定は重要だと主張してきた保守系紙は「破局回避」(朝鮮日報)と歓迎。リベラル系紙も「火急の問題は処理された」(京郷新聞)と政府判断を肯定的に受け止めた」
とのこと。
韓国の指導者たちもアメリカの圧力と経済問題を考えるとGSOMIAの失効を無理に押し通す事は出来なかったと見える。イデオロギーと感情的なものがあっても国家の指導者としての責任は免れないという良識は示してくれた。これをきっかけに懸案問題の解決に日韓が努力して欲しい。