新着Pick

iPS研究「引き続き支援」と文科相 予算減額の動きに

京都新聞
萩生田光一文部科学相は22日の定例会見で、京都大iPS細胞研究所への予算減額の動きが政府の一部で出ていることに関して「引き続き着実な支援を行う」と述べ、再生医療普及の支援に努めていく考えを示した。  政府はiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究に、2013年からの10年間で計1100億円の支援を行うことを決めているが、23年度以降については未定。  萩生田氏は「iPS細胞はわが国発の素晴らしい...
5Picks
Pick に失敗しました