新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユニクロの人気が"素材"へのこだわりにあるという仮説が面白い。
ユニクロはインナーウェア領域(ヒートテックやエアリズム)が他のアパレルメーカーとは異次元に強い。

インナーウェアなので、素材のこだわりをユーザーが価値を認識しやすいという側面もあると考えています。

ユニクロの商品のキャッチコピーは、下記3点セットになっています。
①機能性
×
②素材へのこだわり
×
③価格メリット

▼ユニクロの戦略を整理
トレンドを作りだすのではなく、誰もが必要とする必需品を大量に流通させ、価格コントロールしながら売り切るのがユニクロの戦略。


たしかに素材にフォーカスするとユニクロの優位性は理解しやすい。
世界一周中、最もお世話になっているのは圧倒的にユニクロ!
ヒートテックからウルトラライトダウンまで、質が良くて安心感がありスタンダードで飽きない。

その良さの感じ方を着物文化と重ね合わせて考えたこちらの記事、興味深く読みました。

イタリアを旅していたときにちょうどユニクロが進出する時で新しいカッコイイブランドとしてブランディングされていて、日本に出てきた頃のファストファッションイメージからだいぶ変わったなと思っていました。
また、世界でユニクロのお店がある場所は一等地や便利な場所ばかり。

使い捨てではなく、長く使える質の良いものを手に入れやすい価格で。
それはユニクロに限らず日本の生産業全体の特徴で、だからこそ信頼されるのだと思います。
そんな日本製品の良さをもっともっと世界にアピールした方がいいし、知ってほしい!
ユニクロと着物文化はあくまでこの方の仮説なのでしょうけど、日本人が素材などの機能を重視するってことは何となくしっくりくる。

横並び文化の中で育ってきているし、だからこそ人と違う感性を持つお洒落な人に憧れるんだろうなって。
ヒートテックに関するコメントが多いですね。私も愛用者でしたが、洗濯するたびに伸びるので、サイズがどんどん大きくなっていきます。セール期間は安いので、毎年、1つくらいは買ってみますが、あまりそこは変わっていないような感じを受けます。

個人的には、GUのウォームコットンの方が、さらにコスパは良いですし、伸びにくいので、お薦めです。MONOQLOでもいつも、上位ブランドのユニクロよりも機能面で得点が高いですよ。

エアリズムの下着は、夏場は非常に良いですね。
みなさん、UNIQLOをべた褒めですが…個人的には、あまりそうは感じていません。

確かに、UNIQLOの製品は日常、気を遣わずに着るには最適だと思います。

しかし、生地にしても、仕立てにしても、やはり少しだけ価格が高い老舗の製品には勝てない部分があることも事実です。

特に、シャツなどは、着比べると、それを実感します。

UNIQLOは、世界に、高品質で低価格の服を提供することで、世界に貢献してはいますが、やはり、そこには限界があることも認めなけれいけないと思います。

同じ価格帯で考えれるのであれば、UNIQLOはダントツだと思います。しかし、それは、あくまで、その価格帯ということです。

どんな世界でも同じですが、「そのレベルで満足してしまい、その上をみない」ようになることは、幸せとは言えないのではないかとも感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ユニクロは20年くらい前に比べかなり進化している。そして、さらに進化しようとしている。それはファストファッションとしてではなく「Life Wear」として。柳井さんが他のアパレル経営者とは違う感覚を持って引っ張っていることが本当に大きいと思います。
良い素材をとことん開発して、大量生産するからあの価格で提供できる。UNIQLOの思想の根幹であるLifeWearは、世界中の誰もが必要不可欠だと考えるエッセンシャルウェアなので、特に海外では売れる。
素材クオリティ×コスパ×ブランドの最強なモノづくりは日本ならではの能力だと思う。
機能性が高く、長く使える製品は本質的な製造の得意な日本が生み出せるブランド、それがUNIQLO。
ユニクロのヒートテックを超えるモノがあれば1万円出しても良いんですが、今のところ出てきてない。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.57 兆円

業績