新着Pick
2252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
センセーショナルなタイトルで驚く方も多いと思いますが、この分野のキーパーソンに網羅的に、かつかなり突っ込んだ取材をされたことが伝わってくる記事です。
記事中で示されたいくつかのポイント、たとえば

・京都大学のiPS細胞ストック(バンク)の意義が揺らいでいる
・日本の再生医療研究がiPS細胞に偏重してきた結果、世界の潮流から外れ、ガラパゴス化している

については私自身、取材してきて同様の実感を持っていますし、毎日新聞でも何度か記事で取り上げてきました。

連載・幻の科学技術立国
第1部 「改革」の果てに/5 iPS細胞偏重、世界と差 再生医療の厳しい現実 意義揺らぐストック↓ (書籍「誰が科学を殺すのか」にも収録)
https://mainichi.jp/articles/20180503/ddm/016/040/013000c


ストック事業に関する山中伸弥教授へのインタビューはこちら↓
https://mainichi.jp/articles/20180503/ddm/016/040/153000c

山中教授は昨年5月掲載の上記インタビューで「ストックは公共性の高い事業であり、ストップできない」と述べていますが、これまでの成果やそもそもの意義をしっかり検証すべき時期に来ていることは間違いありません。

iPS細胞については、初期化の詳細な仕組みがまだ分かっておらず、将来の医療応用のためにも地道な基礎研究で解き明かすべき点はまだたくさんあります。
山中教授がセンター長を務める京都大学iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)の予算の多くがストック事業に注ぎ込まれてきており、そうした予算配分に対する批判の声もあります。
他の幹細胞研究が実際に予算を取りにくかった、ということもこれまでに何度も耳にしてきました。

明日以降、どんな記事が展開されていくのか、非常に楽しみです。
本件については一時はVision & Hard Work (VW)などという実しやかなキーワードが席巻しましたが、Strategies(戦略)を欠くとどういう展開になるかを象徴する事案と感じます。
浅薄な総論賛成論がマスメディアにも多数見られるなか、議論の展開を注視します。インタビュイーは実に強力な布陣。ここに当の山中先生や当時の政策当事者が無いことが残念です。
手前のコメントも引用されてます。後出しジャンケンではないですよ。2010年の魚拓記事はこちら http://agora-web.jp/archives/1053679.html. 10年前の俺氏、なんかいいこと言ってるじゃない(自画自賛
あと、記事読みたさでついにプレミアム会員になっちまいました。商売上手ですねNewsPicks!!!!
センセーショナルなタイトルで出てきましたね。直接存じ上げている方の登場も多い。今回の一連の特集、私は感じたことをいつもどおりコメントさせていただきますが、改めて言うまでもなく投稿内容は私個人の意見であり、所属組織・部門見解を代表するものではありません。

まず最初に、必ず強調だけはしておかなければいけないと感じるのは、「iPS細胞研究全般」に失敗とレッテルを貼っているのはミスリードになるので気をつけたほうが良いと思います。わかってあえて書かれていると思っていますが、やはり引っ張られそうです。

しかしながら、ここではなにが記事になっているのかレイヤーを分けて考えていただければと思います。今回の記事で焦点をあてていらっしゃる事象は、最近ニュースも多い「再生医療におけるiPS細胞」や「iPS細胞ホモストック事業」に関してです。

iPS細胞の利用法の中で「再生医療」というのは、一部の活用法であり、創薬研究や、病態研究ではES細胞ではできない研究ができることもまた紛れもない事実です。特にその患者さんの遺伝子情報を保持したまま幹細胞をつくれる大きな利点は揺るがず、各論をいうと、このポイントが必要な再生医療も実際には存在します。

iPS細胞に研究に関する予算が、京大にだけ配分されたわけでも、再生医療にだけにすべて配分されたわけでもないことも強調しておきます。臨床に関してはまさにこれからの結果をみて考えることで、真剣に取り組んでいる研究者と、それを待っている患者さんもいるため、そこを現時点で失敗と誤解しないようにはして頂きたい。

議論の焦点になっている問題は過去にも何度か議論に挙げられてきました。論文として問題提起され、それに対する反論論文も既に出されたこともあります。

【iPS細胞ストックプロジェクトについての議論】
http://bit.ly/iPSC-NP191125-1

「iPS細胞研究にお金をかけなかった=遺伝子治療等が進んでいた」かは全くわかりません。そういったブレークスルーってお金があるから出てくるわけではなく、競争力のある人材がその時代にいるかです。

論文の結びにもありますが、オープンな場で議論されること自体は良いことです。タイトルや一部の人の発言の切り取られたイメージ "だけ" に流されて本質を見失うことだけは無いように、連載を拝見したいと思います。
鋭く斬り込んだリポートだと思います。iPS細胞をめぐる問題は、須田桃子記者らが著した「誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃」の中でも詳しく描かれています。新たな視点でiPS細胞を見る必要があると思います。
ただ、絶対に忘れてはいけないことはiPS細胞をはじめノーベル賞クラスの研究がすべからくそうであったように、画期的な成果は経済合理性とは別の視点でとらえなければいけないことんです。今、日本の科学が危うくなっているのは、まさに科学を経済から見ようとする視点に偏ったためです。極論すれば画期的な発明はガラパゴスからしか生まれないのです。私は、まず科学軽視の政治を改めることから始めるべきと考えます。iPS細胞は今は踊り場ですが、商業ベースに乗りにくいというだけの問題であって世紀の大発見であることには変わりありません。iPS細胞を日本のブレイクスルーとして見守りながら、新しい分野にもそれにオンする形で投資することが求められると思います。
医療現場の肌感覚もお伝えさせていただければ、医療現場においては、再生医療はまだ始まってもおらず、熱狂もブームもありません。「熱狂」があったのは、試験管を振る実験室とメディアの中だけであって、医療現場ではありません。

そういう意味で、iPS細胞にはこれからまだまだ期待ができると思います。まだスタートラインにすら立っていないのです。チェックポイント阻害剤も、当初は何の意味があるのかと批判されながら、今では主役の座をいくつかのがんで勝ち取りました。iPSはまだこれからポテンシャルのある領域です。もちろん蓋を開けたら失敗だったということもあるかもしれませんが、同じ日本人として、焦らず温かい目でじっくりと見守る姿勢が肝要だと思います。

「熱狂は、ときに盲目を生む」というのはまさにメディアの報道に感じることで、医療ニュースは、頻繁に現場の感覚とはかけ離れた形で報じられています。そのような状況に一石を投じるという意味で、価値が高い記事と感じました。
日本の再生医療が、どうも行き詰まっているらしいーー。そんな話から取材を進めてゆくと、iPS細胞研究の世界に、誰も声を大にして言えない「不健全な空気」を感じずにはいられませんでした。一気にアクセルを踏み、チームで怒涛の取材を進めていきました。

メディアと国、そして科学者たちまでもが熱狂に沸いたこの12年を、しっかりクールダウンして検証したい。今週の特集「iPSの失敗」に込めた思いは、失敗は失敗として認め、未来の光を見出していきたいというものです。
この記事だけを読んでもiPS細胞研究への予算投下が「失敗」とは断定出来ないと思う。
もう20年近く前に産学官連携の現場に身を置いた者として、このようなことは本当に良くあることだったし、予算獲得能力の高い研究者は常に他の研究者の予算を削っているので妬まれもする。

批判している人はきちんと実名で発言して欲しいし、下手すると魔女狩りになってしまいそう。
NewsPicksは常に客観的な視点で取材をされているので、今後の続報を待ってから判断したいし、こういうケースで良く起こる諸手を返しての全面批判にならないようにしてもらいたいです。

文中にもある通りで、評価すべき点も多々あるわけなので、研究の方向性を修正していけば、世の中の役に立つものを出せるかもしれない。
全面否定につながるような形になれば、それこそこれまでの研究資金は回収不能な不良資産へと形を変えただけになってしまう。

それこそが避けるべき事態だと思います。
あまりにショックで、これは他の国策研究プロジェクトで同様のことが起きているのではと感じさせる読むべき記事。画期的なイノベーションを生み出すための予算配置や成果報酬の制度設計について社会科学研究がありますが、それと照らし合わせて自分なりに何が起きている整理しつつ拝読。日本の予算設定の効果検証を改めてすべき時では。

・投資主の国と、研究者(兼起業家)の利益、責任、支配権の分配設計
・基礎と応用の違い
・最先端技術にも、沢山の人が使うからこそ意味が出るネットワーク外部性が働きやすい?!こと
・資金使徒の分野の初期設定
何でもできる人はいない。日本は、1人有名人を作ってその人に何でもお任せしすぎ。有名な人に頼めば選んだ人が責任取らなくていいからだ。同じ理由で、選ぶ人も専門家じゃなく、有名人が専門家の地位に就任する。よくわからない人がよくわからないものを責任取らないで済むように選ぶ。だから、有名人だけが選ばれ、今回のようなことも起きる。目利きが不在で、良い意味でのチェック機能がうまく働かない。

文化の世界もそう。有名な人になんでも頼む。それが得意な、適切な人を選ぶことはしない。芸術監督にジャーナリストを据えたり、見栄は良くても芸がうまくもない人に芸を任せたり、ぴったりでない声の歌で平気で違う音域のもので歌わせたりする。きちんと選ぶことをしない。有名な人に任せる。

企業も、創業と中興に祖がいる事が多いように、アイディアを生み出すのと実用に安定して運用するアタマの使い方はちょっと異なる。もう一度言うけど、何でもできる人なんていない。選ばれる側にも責任はある。自分の専門や得意を大事にしないと。一つ一つを是々非々で判断して、断る勇気が必要だ。一旦まつりあげられると、とっても難しいけれどね。
特集を側方支援しました。

こうした記事を世に送り出すには、とてつもないエネルギーが必要です。なにかポジショントークに乗るのだったら楽ですし、きちんと取材しようにも、権力争いに矮小化しようとしたり、何かとコントロールしてくる人が続々と登場してくるわけです。

今回、池田さん、花谷さんを中心とする取材班は、そういった楽な言説に乗らずに、すべての疑問を取材を重ねることによって、詰めて裏取りし、世の中に正しい情報を提示するために丁寧にファクトを積み重ねてきた様子をみてきました。

渾身のドキュメントを是非、ご覧ください。