新着Pick
703Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どうやったら自分が幸せに働くことができるのか」なんて、働き始めてから数年間は考えたことがなかった。

とにかく結果、成果求めてひたすらそのためにどうしたらいいか考えアクションを繰り返す日々で、そんな概念すら全く浮かばなかった。

ラッキーなことにチームメイトや環境に恵まれたこともあり、望んでいた成果や結果は残すことができたけど、その分犠牲にしていたんだなと思うことが振り返ってみると多くて、見失っていたものがたくさんあったことに気付かされました。

でも、それって1人じゃ気が付けないことで、周りの助けが必要。私も1年くらいは燃え尽き症候群の中でプレーしていたし、でもアスリートってそんなの結果が出なかった時の言い訳だとか言われたりする風潮もあったから、あまり公にはしたくありませんでした。

でも、助けになる友人を紹介してくれた友人がいたのは本当に救いでした。その人とは今でも兄妹みたいな関係で、ちょくちょく連絡は取り合っています。

自分が幸せに働くことのできる環境を見つけ、良好な人間関係を作れるようになるのはそんな簡単ではないと思うし、私もアメリカにきてようやくそれらしい場所を見つけることができました(8年かかりました)。

まだこれから現役は続けていくつもりだけど、これから先移籍するってなっても、どうやったら自分が幸せに働けるのかを意識してそういう選択はしたいと思います。
私たちは 忙しいのが好き? 忙しい状態が続くと本人が気づかないうちに「視野狭窄」「思考停止」状態になりやすい。 解決方法やより良い判断ができず 負のスパイラルへ。
ぜひ記事にあるよう 一歩立ち止まって。 おしゃべりしたり、場所を変えたり、いつも会えない人と会ってみたり。 状況を変える努力は必要。サボリは有効な脱出手段と心得よ!
「仕事が嫌い、仕事が大好き、あるいは仕事との関係が複雑──このどれもが、燃え尽き症候群の原因となる慢性的なストレスにつながりかねない。」

好き、でも慢性的なストレスに繋がる可能性がある。

燃え尽き症候群になるとリカバリーが大変。
なので、未病のマインドを持ちたいです。
そのためには、忙しい日々でも立ち止まって今の状況や環境を考える時間が必要ですね。
本当に燃え尽きるまでやり切れれば本望。
その燃える背中を誰かが見ています。

NARUTOでマダラに命を賭けて挑んだマイト・ガイが言っている

…確かにそうだ。だが、ただ朽ちて落ちる訳ではない!!
それは新たな青葉の養分になるのだ!
そして青葉が芽吹く新たな春へと繋げる時こそが――――青春の最高潮!! 真紅に燃える時!!
燃え尽き症候群の原因は人によって様々、
ネガティブな感情と心理は、身体や深層心理が発するSOS、もしくは変化を必要としているサインでもあります

トゥローニの言うように、気持ちが安定してきたら、それは問題解決に取り掛かるいいタイミングでもあります

燃え尽き症候群とは、仕事ややるべき事に対しやる気が全く出なかったり、無力感を感じて落ち込んだりということだと思いますが、それを解決するには目標の基準が間違っている可能性があります

目標が自己評価に対し高すぎると、無力感を感じますし
目標が低すぎても、退屈を感じてしまいます

目標と自己評価が一致していればストレスなく仕事ができます
目標が自己評価の少し上ならば、程よい緊張感を味わいながら成長する事ができます

この目標の難易度を調整する事で、目の前の取り組みに対しての気持ちが変わってくるのです
子供に対してまでイライラが募ってしまったら、一回わざと泣くことをお薦めします。嫌なこと、辛いことを声に出しながらできるだけ大粒の涙が出るように無く。それだけでストレスは相当軽減されます。すると子供は心配そうに「大丈夫?」と言ってくるので、その瞬間に子供への愛情がストレスを根こそぎ奪ってくれます。
やることリスト、が、やるべきことリストになり、自身の能力を大幅に超えたことばかりが並んでいたら…

なりたい自分があまりにも遠すぎて体力を超えて追いかける状態が長く続いていたら…

燃え尽きてしまうのかなと思います。

やるべきこと/できること/やりたいこと、のバランスの大切さを感じつつ、やるべきでないこと/できないこと/やりたくないこと、で考えてみるアプローチも必要かなと思います。

#セルフマネジメント
全く燃えない人生より燃え尽きるぐらい打ち込むのは幸せだと思います。
燃え尽きたら次の仕事をすればいいんですよ。

セラピーなんかより新しいチャレンジで頭が活性化されると思います。