新着Pick
966Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新しくできた趣味はドラム演奏、バンド仲間との出会いからできた音楽に対する時間。これは、自分の実感としてもここに書かれているような効果を感じている。サッカーのパフォーマンスかなり上がった。

今まで趣味という趣味を持ったことがなかったけど、いろんな出会いが重なってドラムに出会い、そこに対するエネルギーの注ぎ方が結構高めな最近。バンド仲間とベースメントショーをやっちゃうくらいだから、そこそこの熱さかな(笑)

たまに絵を書いたりもするし、ゲームもする(キャンディクラッシュのみ。たまにぷよぷよやテトリス)。読書もするし、英語もよく話す。


私の「呼吸に集中する時間」は、毎朝のストレッチの時間。この時間は私にとっての瞑想の時間のようなものになってる。

熱中できる趣味を持つことはめちゃくちゃ大事だと感じる2019年の年の瀬です。
夢中になれるものを持つことは非常に有益だと思います。

子供の頃、何かに夢中になっていたらあっという間に時間が過ぎて「え、もうこんな時間?」と感じた経験を持っている人が多いと思います。

これを「フロー状態」と言い、精神的に非常にいいことだと言われています。

思いつかない人はへぼゴルフでもいいかも。

完全な初心者の時に雨に日に連れて行かれて、走り回り谷を下ったりした経験があります。
楽しくはなかったですが、すべてを忘れられました(^_^;)
仕事以外に夢中になれるものを持てるのは幸せなことだと思いますね。

私も料理とトライアスロンが趣味で明らかに人生に彩りを与えてもらっていると確信していますが、ここに挙げられているような高尚な効果があるのかどうかはどうかなあ。あったらいいけど。あってほしいなぁ。

ただ、料理はフルコースつくれるので、家に人を呼んでみんなをエンターテインできるのはいいですね。これは万国共通ですし、人は胃袋でつながっているものです。

トライアスロンはフィニッシュした後に飲むビールが美味いのがモチベーションで続けているわけですが、やってよかったなあと感じるのは海外レースに参加したり海外のチームに所属、合宿に参加したりして世界中に友達ができたこと。

特にアイアンマンやってる人はエリート層が多いので、彼らの生き方に触れられたことは自分の人生に大いに影響を与えています。

そのかわり、ゴルフ、テニス、スキー、麻雀といった必修科目は捨てています。さすがに仕事に支障をきたすので。
仕事以外ではなく、仕事、家庭に加えた第三の場(趣味)が、人の幅を広げ豊かにするという話。同感です。
個人的には良い意味で仕事とプライベートの境目があまり無いので、その時に一番楽しいと思うことに集中してます!!わたしの場合はとにかく人と会うことかもしれない。
そういう意味では、仕事以外に夢中になれるものの中で、新たな仲間やコミュニティを持つことができれば素敵だなと思います。
靴磨きとかもゾーンに入りやすいと感じる。
つまり、何だって面白がれるし趣味になりうる。

ガチでバンドも熱を入れているときのほうが、仕事もより充実していたとは思うな、確かに。クリエイティブな時間がすごく頭をスッキリさせるんだよね。あと利害のない仲間との時間の良さも。
「できる仕事人になるために何か夢中になれるものを持て」と言っているような文章に思えてきた・・・・・「生きる楽しみがなくなってきた」というある高齢者の話を聞くまではそうは思わなかったのだろうけど。

その人はいろんな趣味を持っていたし、そのうちの写真ではコンテストでも入賞するまでになっていた。ただし、周りから言われたり誘われて始めた趣味ばかりで実は「心の底から俺がこれが好きなんだろうか」と思いつつ続けていたらしい。

死ぬまで続けられて、心の底から楽しめることに出会えた人は本当に幸せですね。
役立つから・・・と思ってなんとなく続けている趣味ってのを早めに見極めて別のことを始めたりしてみるのもいいかなあと最近思い始めています。
小3から三十代中頃まで、長年オーケストラでの演奏活動(Vn→Vla)を趣味としてきましたが、仕事が趣味化したのと、フリーランスになったことなどの理由で、なかなか余裕がなくなって、もう何年もステージに立っていません。

また戻りたいと思いつつ、なかなか余裕がないですね。
昔から「良く遊び、良く学べ」と言われますよね。

「よく遊ぶことができる人」は、「よく仕事ができる人」である確率が高いというのが経験的に得た事実です。

「夢中になれるもの」が、仕事以外で持てない人は、仕事でも「夢中になれない」のではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
複数のアイデンティティを持つメリット。これは良い友達や家族を持つこと、仕事以外のコミュニティを持つこと、副業兼業など、会社以外で複数のアイデンティティを持つことのメリットの一つと言えそうですね。要は、1ヶ所で仮に落ち込む出来事があっても、切り替えやリセットをするチャンスを複数もっているということ。
------
デューク大学の心理学者パトリシア・リンヴィルの研究によると、趣味を持つことによる効果は、もっと深いもののようだ。
われわれはそれぞれ、人生において社員や友だちや親など複数の役を演じている。趣味に没頭すれば、あなたが演じる役のポートフォリオに、もうひとつ別のアイデンティティが加わる。あなたの役割に、たとえばサーファーが追加されたり、パンづくり名人が追加されたりするかもしれない。

そしてリンヴィルの研究によると、自分が人生で演じる役が多いとわかれば、それだけ回復力が強くなるという。なぜなら、たとえば商談に失敗するなど、ひとつの分野で挫折を味わっても、ほかの分野で満足感を得て、自尊心を育むことができるからだ。

仕事で大変な一日を過ごしても、絶品のデザートを作れたり、うまく波に乗れたりすれば、挫折を客観的にとらえ、自分の強さを思い出すことができる。それはつまり、叩きのめされても、よりすばやく元に戻れるということなのだ。
新着記事一覧
Donuts、安藤武博氏が社外取締役を退任し、新たに執行役員に就任 更なる事業の成長・拡大に向け
Social Game Info
2Picks

世界中に広がる「学びの危機」に孤立無援で立ち向かう多くの教師たち
ハフポスト日本版
2Picks

人生のリスクは思ったほど大きくない - 内藤忍
BLOGOS - 最新記事
2Picks

デンマークに学ぶ行政デジタル化と、「幸せな国づくり」への指針
NEC
3Picks

2017年婚姻届における初婚男女の年齢組み合わせランキング(2)-なぜ結婚希望が叶わないのか-18歳~20代男性編/妻の年齢ゾーン別分布状況 - 天野 馨南子 - ニッセイ基礎研究所
BLOGOS - 最新記事
2Picks

「女性管理職を30%に」が不公平ではない理由 - ポジティブアクションの本当の意味
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

日本マイクロソフトはDXについてビジネスリーダーに何を訴えたか
ITmedia エンタープライズ
4Picks

世界のエリートが「人生の決断」で悩まないワケ - 「人生デザイン講座」が教えること
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
6Picks

座りっぱなしのオフィスワーカーのあなたへ。20年後こうなるかも...
ハフポスト日本版
2Picks

子どももメンタルヘルス休暇が必要。学校を休む日があってもいい
ライフハッカー[日本版]
4Picks