新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソニーのCMOSはじめその技術力が必要だから売れているのであって、日本が好きだから買っているわけではない。韓国サムスン筆頭に追い上げを食らっており技術革新はもとよりマーケティング含め引き続き弛まぬ努力が必要、と同時に日本政府には米中貿易摩擦の時世ぜひ強かに、買う時は注意しつつも売れるものはがんがん売れる素地の維持のため外交を引き続き頑張って頂きたい。
桁違いの金額ですね。記事からは逸れてしまいますが、水没した私のHuawei Mate 9が復活を遂げました。クローゼットなどに置く大型の湿気とりをスマホとともにレジ袋にいれて、しっかりと口をしばり、2日間置く。

水分がとれたのか、反応しなくなっていたディスプレイが問題なく作動。何度も落としていますが画面割れ無し(ガラスフィルムをしていることもありますが)、今回は水没からの復活劇。なかなか丈夫な端末です。

5G端末がこなれた金額になるまでMate 9ですごそうと思っていましたので、崖っぷちからの復活劇でした。
Huaweiは、ソニーのイメージセンサーの大量購入先。最上位機種のMate 30 Proは、4個のセンサーをすべてソニーで揃えるとか、Xperiaでも、Appleでも出来ない芸当。4個のセンサーでコストで100ドルは超えると思われます。1兆円の内のソニーの割合が圧倒的に高いと想像しますが、どれくらいなのか気になります。
セットものが作れなくなった日本企業にとって、競争力ある部品をこれだけ買ってくれる先はありがたいものですね。米国が拒絶しても日本企業はうまくバランスとりながら関係性を維持するべきでしょうね。
Huawei、今年は特に中国での売り上げが好調だったと思う。今後アンドロイドから自社OSへのシフトが一層進められていく中で、中国だったり他の地域での販売台数がどうなっていくか。
台数起因の部分と、他社比での日本製部品の構成比要因の部分、後者が要因として大きければ、Huaweiの業績が日本の部品メーカーへの影響が大きくなる。ソニーのイメージセンサーとかは後者要因が結構大きそう。
確かに日本が好きだから日本企業から調達しているわけではないけれども、今、このタイミングで来日して日本で記者会見を行い、このリップサービスは、明らかにアメリカに対する嫌味だと思います…中々やりますね。

梁会長は「スマホ事業が成長すると、日本からの調達も増える。ファーウェイのスマホの売りは高性能カメラだが、それも日本の技術に支えられている」
Samsungも売上規模から言ったら、日本からの調達額は相当な金額だと思う。
アピールするか、しないかの違いだけで。

Huaweiの新機種がMWCあたりで発表されそうですが、ソニーのイメージセンサーを採用すると、Samsungに画素数で抜かれる可能性がある。
ソニーのイメージセンサー、開発スピード落ちてる気がする。時期を見ているだけなら良いのだけど。
日本企業からというところはもちろん重要ですが、日本から、というところも考えていかなくてはいけないところだと思います。
こういうものが作りたい!とぶち上げる… こうやったら作れます!と応える…やはり日本の製造企業は後者が得意なのかな… と拡大解釈する今日この頃です。