新着Pick
373Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いですね.子供の成りたいランキングの上位にYouTuberが出てくるようになったようですが,絶望的だろうと思います.現在のユーチューバ―は下から成りあがってきた者が大半ですが,今後はテレビや映画の上から降りてくる人たちが増えてくるでしょう.タレントがテレビからYouTubeへと流れている.
NewsPicksが文字型の情報発信から動画型の情報発信へ比重を移しているように見えます.かつて新聞やラジオからテレビにメディアの中心が変化していったことを,テクノロジーをアップしてもう一段高いステージで繰り返しているわけです.新聞的な文字型のブログやSNSから,テレビ的なYouTubeのような動画へ移行.さらにテレビの座はテクノロジーのちからで,オンデマンドで無限のチャンネル数を持つネット動画に明け渡されていくことは自明です.テレビタレントは大挙してネット動画に押し寄せるでしょう.そうなるとコンテンツの質の点で,生え抜きのユーチューバ―はバタバタ倒れていくでしょう.
さらに,日本のタレントも未来は無いでしょう.同時翻訳システムがどんどん良くなっています.言語の壁が無くなったとき,日本のせいぜい1億人を背景にしたタレントは,世界の何十億を背景にした世界的セレブタレントに敵うわけがありません.唯一,日本のタレントが生き残るとすれば,超マナー・ローカルネタでウケを狙う(ロングテール戦略)しかないでしょう.
さらにさらに,そうした世界的ユーチューバ―もその先の未来はないでしょう.人工知能AIに取って代わられます.彼らは24時間,途切れることなくネタを配信し続けることが可能です.人間が対抗できるわけありません.ユーチューバ―はAIに取って代わられる職業の一つです.

以上,昼休みの妄想でした.
「本物のセレブ」とはどいう人のことを言うのか?は議論の余地が大いにあると思うが、"ほんだのばいく"が日本のYouTube業界(エンタメ業界)に与えたインパクトはもっと分析しないといけない。

ほんだのばいく
https://youtu.be/6oYhz4OUVvc

まだまだ日本のタレント・アーティストのYouTubeの活用は始まったばかりだ。
どんなメディアよりも個と繋がりが圧倒的に強いのがYouTubeですよね。他のメディアってコンテンツの制作が間に入ってるので、良くも悪くも番組感がどうしてもでますし。
YouTubeも番組制作はもちろんあると思うんですが、なんか、距離感がやはり近い気がして良いですよねー


個人的には、ドラマ「あなたの番です」が終わって、Huluを解約してYouTube Primeに乗り換えましたが、やっぱりむっちゃ快適ですし、個が発信する情報がすぐに手に入るYouTubeはやはり最強な感じします笑
文章の表現が曖昧なのは、方向性がいまだはっきりしないからでしょうか?

本物のセレブが出ても、テレビ番組と同じようになるだけでYouTubeの魅力が増すとは思えません。

テレビの場合はディレクター等テレビ関係者が作成したものにセレブが乗っかるのに対し、YouTubeの場合は本人たちの自由度が高まることはありでしょう。

とはいえ、演出等に関しては素人的なセレブもいるでしょうし・・・。

そこが面白いと見る向きもあるかもしれませんね。
既存の芸能界がわかるプレイヤーがYouTubeチャンネル運営でマネタイズという意味では日本も同様の動きがありますね。
これまで分断されていた、ネット動画CGMでの人気者と従来型スターの融合は具体の人も仕組みとしても進んでいくと思います。音楽で言えば、ニコニコ動画の人気ボカロPだった米津玄師がフェスでもNHK紅白でも活躍するという事例が出てきてますね。
ブラックボックスを設定して中抜きするという既得権型のビジネスモデルは成立しなくなり、あらゆるプレイヤーがどんな付加価値がつけられるのかが問われる時代がエンタメ全般に於いて始まっていると思います。
【社会】現在のコンテンツの中身は玉石混淆で、特にこれを見たいと思うものはないのだけど、仕組としては誰もが気軽にコンテンツを作れて、ゼロから評価できるというのがYouTubeの強みだと思っている。だから、「既に評価が確立した人たち」が出てきてしまうとYouTubeの面白みや強みは失われてしまうような気もする。もちろん「既に評価が確立した人たち」を起用することで、視聴数は増え、YouTubeにとっては収益力は向上するのだろうが…。
コミュレベル90越えの生主にチャンネル開設案内するみたいな話ですね(ニコ生脳)