新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょうど数日前に、下記の53歳以下の企業年金減の発表もあった。併せて考えると、制度改変によるリストラというか退職促進に見えなくもない。
素人目に見ても、雇用契約とかとしてかなりデリケートな領域だと思う(ぜひ専門家のコメントが伺いたい!)。素人目でもそう見える領域なので、ロジックはかなり組み立てられているだろうが、感情眼も含めてメディア巻き込んだ労組問題にならないか今後の報道も見ていきたい。
https://newspicks.com/news/4393734
これは銀行における事務の削減に伴う一般職の削減と専門性の高い業務への資源投下の力から来る流れだと思います。
また、メガバンクでは一般職で優秀な人が総合職になるのは基本的に難しかったので今回はそういう意味でも垣根が取れてよかったと思います。
次のステップは職種横断的なローテーション人事から、外資や他業種とも戦える様にするために一つの職種内でのローテーションにより専門性を高める方向になっていくものと推測致します。
かつて事業会社にいた時のメインバンクはみずほ銀行でした。
確かに、一般職の女性が随分いましたね。

門部さんがコメントされているとおり、給料は高くない→特に業績が良くないのでボーナスも渋いでしょうから、彼女たちは、給料に見合うだけ働いていると思っていたでしょう。

けれども、一般企業と比較すると生産性が低いだろうなぁと思います。統合されてどれくらい残るのでしょうか?

けれども、邦銀の人件費コスト高は、仕事が出来ない総合職でしょう。これからの邦銀には終身雇用制度は支えられないと思います。専門性を高めないといけません。過渡期の厳しさですね。
実質的な一般職切りという見方が正解かと思います。
転勤云々もあるのですが、バリューの創出を求められ続けてきた総合職と同じ土俵で評価を受ければ当然ながら一般職は不利です。

チャンスとするも、辞め時とするも、やる気次第というところでしょうか。
かつて勤務した会社にも総合職と一般職は普通にありましたが、ある時から一般職のエリアが拡大(長野から東京まで)されて、長野県在住者が東京に単身赴任ってのがありました。。。
高卒で入社して20年以上長野県内の店舗で働いてきたと思うので、あれは酷な人事でした。業績が下降してたので体のいいリストラでしょうけど。
みずほも統合するのですね。
前職の地銀では私が入行した翌年に総合職、一般職の区分けがなくなりました。今から15年以上前になります。

統合したからといって、男女が完全に同等に働くという訳にはいなかった印象ですが、昨今の女性活躍の流れもあり最近は女性管理職は増えています。

一般職の方々が支えてくださっていた事務処理については、男性でも自らが行う必要が出てきます。今後さらにIT化が進むとは言え、ゼロにはならないもの。
統合時のJICA/JBICと同じ改革ですね。改革後の人事やキャリアは先人に学ぶと良いかもしれません。
金融機関の変化が大きくなってきている。職種も統合され、支店窓口も統合され、効率よく稼げる組織への転換時期にきている印象を受ける。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.27 兆円

業績