新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イランでは11月16日からインターネットが遮断されていて、何が起きているのか伝わりにくくなっています。
 抗議行動は、現在も到底収束してはいません。イラン全土で引き続き起こっています。テヘランのある病院だけでも118の遺体が運び込まれたという報告があります。
 鎮圧の元締めというべき革命防衛隊の手法は、最近では、抗議運動の主だった人物を、狙撃で射殺する、帰り道や自宅にいる時に誘拐する、といった方法が目立ちます。これに対して、抗議活動の側も、政府機関に放火する、主要な幹線道路を封鎖するといった行動が頻発しています。
 なお、同様の鎮圧手法は、3か月にわたって続いているイラクの抗議活動でも見られ、指導しているのはやはりイランの革命防衛隊です。イラクでは死者は300人を越え、誘拐による行方不明者も多数にのぼっています。
近隣諸国に対しては「長兄」として上から目線で振る舞い着々と勢力範囲を広げ、世界各国に巧みな「誘惑作戦」を仕掛けてきたイランだが、経済的に足元が揺らぎかけている。暴力によって維持されてきた革命体制の怖い顔を覗かせている。
この展開は、米国が待ち望んでいた動きだろう。イランをイラクのように武力で制圧することは容易ではない。経済制裁による内部崩壊こそが、最も望ましいと考えていただろう。民衆はガソリン税のみならず、ハメネイに死を!と最高宗教指導者を非難している。ロウハニ大統領ではなく、ハメネイ師を批判している。これも米国の狙い通り。しかし、香港デモは5カ月間で公式には数人しか死んでいないが、こちらはたった数日で大量の死者が出ている様子。(真偽は分からないが)
イランの経済が苦しいのは事実、それは間違いなく、米国の制裁によるものだ。イランは、国民の目と敵意を他国に向けるべく、再び強硬で危険な瀬戸際外交を展開する可能性もあるだろう。イスラエルの入植問題への米国の歴史的転換もあり、中東情勢は目が離せないなー。
イランリアル相場は一時10%ほど下落、今は若干落ち着いてきていますがどうなるか。

https://www.bonbast.com/

ひとまずネットは繋がるようになったみたいですね。