新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツ選手や俳優女優、タレント、芸人などその時の活躍している人が選ばれているのがテレビCMの定番だったなかで、他社との違いを生むためにアニメを活用していると考えれれます。

タレントの不祥事のリスク回避でアニメを選択するっていうよりも、消費者の「飽き」を回避するという方がしっくりきますね。

また、グローバル戦略の中で、アニメのキャラクター活用は有効だと思います。先日のサウジアラビアのアニメフェスの盛り上がりがいい例ですね!
色々あって面白いですね。
でも、アニメマニアがいる一方で、苦手な人もいる。

それに、生身の人間の持つリスク、もある意味刺激的。

まあ、アニメCMのみのBS局なんかあったら良いかもです。
リスク回避なんていいだしたら、もはやAIタレントニーズが高まりそう
DeepFakeか何かで出演タレントの顔を他の人か非存在の顔に変えちゃえば
かつてバーチャルアイドルを育成する芸能プロの社長が、「不祥事起こさないから」と理由を説明していました。AI、CG、ARが進化して、さらに「安心」が加わると、タレントが仕事を奪われるのも早いか?
テレビアニメの歴史は「鉄腕アトム」から始まったとも一般に思われていますが、テレビCMのほうが先でした。アトム後も、大手プロダクションでは単価が安いテレビ番組アニメではなく、CMの売上のほうが上回っていました。
AIと5Gの技術により、そろそろ、極めて人間に近く、ほとんど区別できない仮想のキャラクターが登場するでしょう。

二次元で言えば、初音ミクのようなものですが、これからの仮想キャラクターは、見た目は人間と区別できません。

そういったものをアバターとして活用することで、才能さえあれば、見た目が、普通で地味な人材でも、インフルエンサーなどとして活躍できるわけです。

絶対に不祥事を起こさない仮想キャラクターの市場が生まれるのは、もうすぐでしょう。
タレントよりも声優のほうが不祥事後のリスクは少なそう。
日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英語:Hino Motors, Ltd.)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車の連結子会社でトヨタグループ16社のうちの一つ。 ウィキペディア
時価総額
6,786 億円

業績