新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2015年に、うちの学科の教員採用委員長をさせていただいた時、全個体電池 (個体電解質) が専門の方を他大学から准教授としてヘッドハントさせて頂きましたよ TRL3-5ぐらいを得意とする(そこではMIT/Stfdに勝ると思います)ミシガン大学が、その時点で若手の助教授では無く、実績のある中堅専門研究者に投資すべき技術であると判断し、(採用枠と採用資金を握る)工学部を説得しました ワタシは電池技術の専門ではありませんが、今でもその判断は正しかったと思っています

その後いくつかのベンチャーやトヨタが資金調達や株価のために"量産時期" (>= TRL9) を宣伝し始めてから、一般向けメディアに色々なノイズが入り始めましたが、2015の時点で数年でTRL3-5に至る可能性が高く、もしそうなれば社会へのインパクトが非常に高い、そういう技術だということです

ご参考
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Technology_readiness_level
固体電解質のメリットは作動電位の高さなので、EVの充電速度の問題解決の可能性がある所が重要かなと思います。また、セルのエネルギー密度は殆ど変わらなくてもパック単位にすると小さくできる(冷却系を小型化できるなどもある)ので、実用上はメリットあります。


確かにトヨタ以外は便乗が多く、本当に同じように全固体と呼んでよいのか疑問ですが、同様のことはAIや量子コンピュータなどでも起きてますよね。
全体的にいかにも研究者っぽい難癖だなと思いました。
超良記事

よくぞ言ってくれました

当方モヤモヤしていたものが、腹に落ちました。
全個体の一番のチャームポイントは、信頼性だろう。
寿命、耐冷寒性、絶縁抵抗、発火の発生し難さ。
"ベンチャー企業が発表している全固体電池は、半分以上がポリマー"
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.1 兆円

業績