新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発表させていただきました!
Yahoo!とLINEの裏になってしまってますが、こちらも本気でGlobalを頑張っておりますので、皆さん応援のほど、よろしくお願いします!

また、今年から新卒採用も始めたり、中途採用も引き続き全力で世界中から採用しておりますので、ぜひご応募ください!

なお、東京オフィスでもエンジニアは日本語なしでOKです。(と日本語で宣伝しても意味がないのですが。。。)
全力で米国事業を加速させるため、シリーズEの調達を行いました。米国は来年大統領選挙の年を迎え、人々は「信頼できる、バランスの取れた情報」を渇望しています。
「社会の分断を乗り越える」ための挑戦を続けていきます。
NPも負けじと海外進出頑張ってください!

私見ですが、鍵は人ではなくアルゴリズムによる記事のピックアップやピッカー、コメントのスコアリングだと思います。やはりアルゴリズムのスケーラビリティは強力です、(日本以外で)GoogleがYahooに勝った理由もそれでしたね。すでにNPは素晴らしいデータセットを持っているので(記事とLike数、Pick数、そしてユーザーコメント)、deep learningでかなり面白いことができるんじゃないかとおもいます。すでにされていたらお節介ごめんなさい!
SmartNews応援しています!

数字を見ると米国のニュースは、GoogleとFacebookの牙城が高そうですね。
「第三者機関であるトラフィック解析サービスのParse.lyのデータでは、占有率は0.5%ながらも2018年12月時点で英語圏におけるメディアへの送客元としてyahoo.com(米国のYahoo)を抜いて第10位にランクインしたことが明らかになっている。なおこの調査の1位はGoogleで31.2%、2位はFacebookで14.4%。3位以下にもGoogle系のサービスがランクインしており、3位のnews.google.com(Googleニュース)が2.3%、6位のgoogleapis.com(GoogleChromeの「おすすめの記事」)が1.4%。Google系で合計すると34.9%と、3分の1以上のトラフィックを占めていることがわかる。」
頑張って欲しい!!>最近ではTechCrunch USでもSmartNewsからの流入は確実に増えている。国内のスタートアップ企業の米国事業は芳しくない状態が続くが、スマートニュースは優秀な人材と資金を投下して、米国事業をやりきる覚悟のようだ。
ユニコーン入りしたスマートニュース社。他のメガベンチャーがなかなか米国市場の攻略に苦戦している中、この軍資金でやり切ると。
頑張って下さい!
スマートニュースさん100億調達。本気で海外で戦っている数少ない日本のスタートアップ。
多くのユーザーすでに獲得しながらも変化を続ける姿勢に、今も変わらぬスタートアップのカルチャーを感じます。

アメリカの成功は日本のスタートアップへの道標にもなりますので、ぜひがんばってもらいたいですし、日本の投資家の皆さんからの更なるサポートも期待したいところです。次は上場かもしれませんが。
未上場のときに海外展開にチャレンジするというのはすごく大事だと思います。日本のIPO銘柄は小型が多いと言われますが、未上場のときから大きな市場に果敢に挑む事業家とそれを支援し、見守る投資家という構図が増えて、成果が出てくればもう一段階、日本のIPO銘柄もブレイクスルーするのではないでしょうか。
スマートニュースのマネタイズおじさん川崎裕一さんのしごとだ!
スマートニュース(SmartNews)は、スマートフォン用のニュースアプリ、並びに同アプリを提供する企業(スマートニュース株式会社)。 ウィキペディア
株式会社アクセルは、LSIをはじめとする電気機器を開発・販売する日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
108 億円

業績