新着Pick

ゼンリンの日本地図は、なぜ世界から信頼されるのか?

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「基本は、人による情報収集。全国に調査員を配し、建物の住所や表札・テナント、入り口の向きなどの情報を徒歩で一軒一軒回って調査・収集する。調査拠点は全国に70あり、毎日各地で調査員が情報収集に当たる。」

このために毎年膨大なコストを掛けている、と伺ったことがあります。この地道な作業の積み重ねが膨大な価値になっている好例かと。でも、海外に出ていける技術ではないところが残念でもあります。

一方、地図といえばゼンリンと皆さん思われるかもしれませんが、例えば電柱を(一部)管理しているNTTや郵便配達に使う郵便局も独自DBを持っており、素晴らしい財産になっています。あとは、それをどう使うかですね。
話それますが、小学生のころ地図帳みるの大好きでよく寝る前にみてたなぁ。地図って何かロマンを感じる。

(地物データの収集等、ゼンリンさんすごい)
現在の社長は和田英将 ウィキペディア
時価総額
593 億円

業績