新着Pick
235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
民主党時代の混乱が最大の原因ですね。健全な野党が必要です。
それでも昔の自民党は、その良し悪しはともかく、派閥間の勢力争いで政策論争もあったが、今はまるで独裁政治のようなってしまったのはなぜか、反省してみる必要があるかもしれません。権力は腐敗するものです。野党、そして第四の権力であるメディアの奮起を促したい。
僕は安倍さんの考えと異なる点が多いが、一般論としては政権が安定することは良いこと。日本は変わるのが早すぎ。7年強で史上最長とは。毎年トップが変わっていては何も進まない。安定が安倍さんの最大の功績だとさえ思う。
図らずも同郷の桂太郎と並んで最長在職なのですね。
桂太郎といえば、通称ニコポン宰相。
政敵やメディアなど彼に厳しい立場を取る人間に対しても、ニコニコ笑ってポンと肩を叩いて人を抱き込む力がある、ということから名付けられた愛称で、命名者は現在の毎日新聞(当時は東京日日新聞)の記者だったそうです。

こうして日英同盟、日露戦争の勝利、日韓併合、不平等条約の改正など私たちが教科書で習う多くのことを成し遂げた政治的には間違いなく名宰相でしたが、当時も、今も世間の人気はあまり高くはなかったようです。

安部首相同様長期政権が嫌われたこともあるでしょうし、その成果の一方、それを上げる為の良くも悪くもあまりに政治家然とした動き方が、嫌われたためだったと思われます。

桂太郎亡き後、日本は政友会、民政党からなる本格的な2大政党政治の時代となりますが、やがて経済政策の失敗がきっかけで破綻し、戦争の時代の扉を開くことになります。

良くも悪くも安定した政権の後の国の舵取りがもっとも大変で、かつ重要です。
私たちはポスト安部の日本をどのような体制と人物に委ね、いかなる政策を期待するのか、そろそろ真剣に考えるべき時期に来ていると思います。
政治は実績が全て。
国民の支持が揺るがないのは、結果を出し
ているから、に他ならない。

経済再生、外交、皇室の代替わりに関わる
諸行事の取り仕切り、いずれも不安定な近年の政権
であったならここまで見事に担うことは出来なかった筈。

安倍政権の最大の特徴は、政策立案におけるロジカルな
発想と、時間軸を持った施策の打ち出し。そして政治のリーダーシップと官僚組織の見事なチームワーク。これは行政の
あり方として、今後のレガシーとなるであろう。

そして、目的と手段の峻別。これは、それまでの短命政権
にはなかったこと。目的と手段を混同することは、短期的人気取りにつながり、解決でなく混乱と迷走を生む。

安倍晋三首相が歴史に名を残す宰相となる
であろうことはもはや疑う余地がない。
在職が長い=偉大な首相ということではないと思いますが、安定政権がやっと続いたから出来た事もあるとは思うので、それが何なのか検証されていく事を期待したい。この数年進歩を見せているSDGsへのコミットや、女性活躍といった分野は長期政権だから進んでいるということはあるのでしょうか?

一方で、野党の脆弱さで結果的に安定政権が続いていると思うので、政治に関心を持つ若者を増やすことは危急だと感じます。
野党がだらしないというコメントも正しいご指摘だと感じますが,その根本にある原因は,野党自体にあるというよりは,国会議員の「参入障壁の高さ」にあるのではないかとも思います。

N国党やれいわのように,特異な選挙戦術や有名人のネームバリューを活用しなければ国政に「新規参入」するのは難しい,となると,優秀でなおかつ志のある方でも,「今の生活を捨ててまで」国政にチャレンジしようとはあまり考えないような気がします。

参入障壁が低すぎても問題なのでしょうが,今の議員さんを見て,「間接民主主義がベストな状態で機能しているか」と聞かれれば,個人的にはうーんという感じです。
大きな期待を失望に変えた民主党政権の崩壊により、消去法で選ばれた期待値の低い政権です。それに加え、自民党の内外に対抗勢力、オルタナティブが育たなかったのが、長期政権が続いてきた主たる要因だと思います。

野党は分裂を繰り返し、乱立選挙で自公に漁夫の利を与え続けたことも、一強政治を支えてきました。どんな理不尽な出来事が発覚しても鉄面皮に乗り切れる堅牢さは、対抗勢力に倒される恐れがないことによるものです。緊張感のないこの状況は、民主主義のありようとしては決して好ましいことではありません。

しかし、おごれるものも久しからず。政権には必ず終わりが来ます。政治記者として政権の末路をさまざまみてきましたが、すべてが異なるパターンでした。この政権は、どのような終わり方をするのでしょうか。
過去の長期安定政権の時は必ず景気回復が長期化してましたから、米国の戦後最長の景気回復期と重なったこともタイミングが良かったと思います。
この方がこの長い在任中に成し遂げたことを思い付きません。

最優先とされた拉致問題は、一歩も進んでいません。
隘路に入った北方領土。
全く対等で無くなった日米関係。

先進諸国で、最も低い経済成長率に賃金の伸び率。
日銀の禁じ手で支えられている「日経平均株価」
プライマリーバランス達成は遠くの彼方で財政再建は頓挫。

先の参議院選挙でも自民党は過半数割れでした。
政党別得票率でも35%程度でした。

安倍晋三長期政権は、小選挙区制と政党交付金と公明党が
生み出した日本の民主主義のガバナンスの欠如の産物としか
私には思えません。
よほどのことが起こらない限り、明日、在籍日数は歴代最長になる。第一次安倍内閣からの退陣の時にはこのようなことは誰も想像もしていなかっただろう。