新着Pick
1191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年の瀬に相応しい良い特集ですね。
知識を身につけることは大事だけど、
それに頼るだけでは足りない…その通りですね。

獲得した"知識"に、自分で見出した"気づき"を加えて、
"知恵"に転換することを改めて見つめ直したいと思う。

何が正解となるか分からない時代だからこそ、
多様な経験が必要となるし、そこから何を学び得るかが
自身のキャリア形成に対しても大きな意味合いがある。

一見、現在、就いている仕事と全く関係無いと
思われるものも、"必要な遠回り"、"必要な無駄"として
認識することで、向き合い方が変わると思う。

それを昇華させ、血肉化出来るか…
考え抜くことが求められますね。
記事にしてくださってて嬉しい!
働く時間は人生で最も長い時間だとしたならば、人生を楽しくするためにどう働くのかは、とても重要なテーマです。
本当にそうですね。

私はこうすることをお勧めしています。

考えて考えて考え抜いたことでも、行動にはなかなか移せないものです。そこで、分かったこうしようと決めたことを、口に出して言う。しかし、それでもダメです。自分の琴線に触れる言葉に練り上げて、書き下すことです。そうやって、自分の鑑にするのです。

人間は弱い。私はそこまでしないと行動に移せないの思うのです。
「言い訳をつくれるということは結局悩んでいないのといっしょ」という記載が新鮮でした。

「何のためにこの仕事、作業をやっているのか」を考える習慣があると悩みの質も変わるように思えます。
働くに関する調査をすると、仕事が楽しいという人は非常に少ない現実を知ります。「楽しい」は人それぞれ。一緒に働く仲間が楽しいから楽しい、仕事そのものが奥深いから楽しい、できないことができるようになる過程が楽しい…などなど。

初期設定として「楽しい」ということは非常に少ないと考えています。そうすると、いかに「楽しいに変えるか」が大切。
個人的にはマイルールを作ってゲーム感覚がオススメ。

・人間関係が嫌 →苦手な方の攻略法を考える。ちょっとでもいい会話ができたり協力できたらポイント獲得。
・仕事が退屈 →退屈な作業の中にどれだけ工夫ができるか。時間短縮や作業工程削除がちょっとでもできたらポイント獲得。
・スキルアップできない →同じ状況でスキルアップを実現できる人がいるとすれば何をするだろうと考える。そうすると枠を超えた提案や動き方が思い浮かんだりします。
ペインポイントを見つけるためには、「我慢できない体質」であることも、大事だと思います。

何故なら「我慢してしまえる人」では、ペインポイントを我慢してしまうことで、発券できないからです。

そういった意味では「しつこく考え込まなくても、どんどん課題を発見できる我慢できない人」が最強かもしれません。

ここシリコンバレーには、そういった人たちも多い気がします。