新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
言葉尻だけをとってはいけないと思っています。本心はむしろ逆かと。何とかして首脳会談に応じてもらって現状を打開したいと切望しているのは北朝鮮の方であると。何かのニュースで知りましたが、食糧問題等で根を上げそうなのは北朝鮮の方であると。

そもそも、アメリカにとって急ぐ必要はないですからね。外交は大統領選挙において、あんまり点にならないですし。
北朝鮮は、年内は米国の姿勢の変化を待つという態度を貫いている。すなわち年内に何の進展もなければ、来年は北朝鮮が報じている「雄大な作戦」を実施しなければならない。有言実行しなければ、金正恩委員長のメンツに関わる。従って、年末までに最大限のラブコールを米国に送り続けるだろう。そして北朝鮮にとってのラブコールとは、恫喝や圧力である。しかし、トランプ政権は国内問題で手一杯であり、国民の関心の低い北朝鮮問題にまで、政治エネルギーをかけられるのか。何も進展がなかった場合、来年の金正恩委員長の新年の辞は、要注意となるなー。
北朝鮮の苛立ちというよりも誘い水。年末までという期限まで、米朝会談の設定がなかなか難しいことがここからもうかがえます。
選挙の洗礼がない国のトップはやはり強い
北朝鮮が強気の姿勢に変化してきた。トランプ大統領と金正恩の関係で前進するかとも見えたが、雲行きはかなり怪しくなってきた。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.63 兆円

業績