新着Pick
320Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしい取り組みですね。
渋谷駅のベビーカーでの難易度の高さは以前記事になっていて、
https://newspicks.com/news/1804198
ここでもコメントしましたが、井の頭線→東横線の乗り換えで、エレベーターを使おうとするとハチ公口の雑踏を通らないといけない、という罰ゲームのような状況でした。工事中なので段々改善はしていくんでしょうが
素晴らしい発想のサービスですが、現状は東京メトロの路線内のみが検索できる状態です。
メトロのサービスなので仕方がないなと思う一方、実際にはJRや他の私鉄に乗り換えることも多いと思いますので、横断的に調べられるツールに進化するといいなと思います。
これはとても貴重な情報。
東京メトロは、駅によっては設備等がとても古いので、無いなら無いとはっきり言ってもらえればそれで納得できます。事前にわかっていれば、他の皆さんが仰っているように乗換えの駅をかえるなどの工夫もできますし。

ちなみに、現在の渋谷駅は完全にダンジョン状態で、工事の進行によって入口出口も頻繁に変わるので、慣れていない方はまず避けた方が良いです…。私自身、銀座線→東横線の乗換えは、表参道で一度降りて半蔵門線に乗るという迂回ルートを利用しています。
このような情報発信は、極めて有効だと思います。

私たち一般人でも、
「当駅には改札外にはトイレがありません」
という情報発信があれば、あちこちトイレを探す必要がなくなります。

「ない」というのも有益な情報。
ファイナンス理論で「為替市場の予測は不可能」という結論が出ているのと同じくらい重要な情報です。
こういうのいいね。スマホが普及して来た恩恵やね。

私も出張で帰国した時に大きな荷物があると同じ問題に突き当たっていた。面倒臭いからタクシーで直接ホテルに行くようになっちゃったけど、みんなその選択肢ある訳じゃないから。観光客向けにも英語で発信出来たらいいよね。
自分のお困りごとだからこその良いサービスですね。子供に優しい(育てる親御さんにも優しい)社会がハード面でもソフト面でもより進んでいって欲しいですね。
これを「奇策」という時点で、いかがなものかと思います。

何故なら、このストーリーは、例えばデザイン・シンキングなどの、通常のプロセスを使えば、抽出することは、それほど困難ではないと感じるからです。

これまで、我流でデザインしてきたものが、複雑でぐちゃぐちゃになって分かりづらいから、また我流で「奇策」を考えた…

なんでも、システマチックにやれば良いというものではありませんが、ベスト・プラクティスがあれば、それは、しっかりと学び、取り入れるべきではないでしょうか?

基本的なスキルを身に着けず、我流で奇策を考えるという属人性と運に依存したプロセスに関しては、心配をおぼえます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
階段を右に折れたり、反転したり、そのうちどっちにいるのか分からなくなる。

壁の色を東西南北で違う色(明るさ)にするとか、方向をわかりやすくするのはいろいろ考えられそう🤔
「ない情報」は、不満につながる可能性もあるので、本来なら出したがらない情報。
     
でも、ここに焦点を当てて、情報発信するのは大切なこと。
        
経験者の実感から出た、まさに、利用者目線に立った情報と言えます。
このアイデアをもう少し発展させて、路線検索アプリでベビーカーや車椅子利用の有無を登録すると、ストレスなく乗り換え(遠回りになるけどエレベーターが確実に利用できる)ができるような仕組みがあっても良いですね。
特許は取らないので、どなたか実現して下さい。