新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
豚肉大国の中国で異変が起きています。世界の養豚数は9億頭、このうち4億5000万頭が中国です。その中国でアフリカ豚コレラが発生し、米農務省の予想では来年には2億7000万頭に激減します。豚肉にして年間2000万トン、日本の豚肉輸入の15年分です。それが世界の豚肉貿易、豚肉の餌となる大豆そして大豆油と、その影響は広範囲に及びます。肉、大豆、植物油に国際貿易にとどまらず、中国の存在感は、世界の食糧安全保障にも影響を及ぼし始めています。ワクチンの開発状況、乱立する人工肉のスタートアップ企業、肉をめぐる世界の最新状況を特集しました。

https://weekly-economist.mainichi.jp/%E9%A3%9F%E8%82%89%E5%A4%A7%E4%BA%89%E5%A5%AA/
選択肢が多数ある現状では、人工的に作られた培養肉に抵抗があったとしても、供給量が不足し手に入らなくなれば、日本人も食べざるを得なくなると思います。

>中長期的には人工肉(植物由来肉や培養肉)など科学技術を活用して他国からの輸入依存を少しでも軽減する形へシフトする結果、人工肉への関心や研究開発、投資が急増する
パーム油を経由して天然ゴム市場に影響が出たり。コラーゲン市場も急騰しています。
中国で不足する豚肉の量が日本の輸入の15年分ってのがまたショッキングな数字やね。中国の畜産農家の中には感染が広がってくる前に保有してる豚を全部屠殺した業者もいるらしく、短期的には供給が逆に増えたらしいが、続くようであれば当然需給は逼迫するし、価格も上がらざるを得ないでしょう。
豚コレラの影響大