新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
就職は最終目的ではない。 大学で何をしたいか、将来はどうしたいのか?を考える時間は必要だが、このルールがそれをサポートするかはわからない。

ルールとするなら海外の卒業生を視野に入れるともっとフレキシブルなタイミングが必要かと。
高度経済成長時代から中成長の時代を経て低成長へ、商品サイクルが長く大量生産でカイゼンや摺合せが競争力の源泉だった時代から商品サイクルが短く個性と非連損的イノベーションが勝敗を分ける時代へ、と世の中が動くなか、社内ノウハウを共有してコミュニケーションは良いけど尖ったスキルは持たない大量生産向きの人材育成の入り口である新卒定時一括採用が、時代に取り残されるのは必然的な流れであるように感じます。経団連がルールの廃止を決めた背景には、たぶん、そんな事情もあるのでしょう。
真っ白な新人をとって企業が自由に育てる時代から、それぞれがキャリアを自ら決めて働く時代への過渡期です。変化に直面する学生さんには大変なことだと思うけど、政府が旧来の制度を守って変化の速度を遅らすことが、これから社会に出て働き始める人達と日本の未来にとって本当に良いことなのか。ルールに則った真っ白な新人の一括採用が形骸化する流れは、もはや止まらないし、止めるべきでもないんじゃないのかな・・・ (-.-)ウーン