新着Pick
855Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
赤裸々なコメントが飛び交っていて興味深く拝読しました。

両社とも業界の雄として地位を確立しているように見えますが、内情はそれぞれ深刻な課題を抱えているんですね。この経営統合は大丈夫?と大きなお世話ながらに感じる部分もないわけではありません。

でも、課題が明確になっている(認識できている)ことは、実はとってもいいことなんですよね。

合併にともなう融合(PMI)はどんなM&Aのケースでも手を焼くわけですが、PMIをスムーズに進めるためには、課題をやっつけるためのプロジェクトを立ち上げて一緒に取り組むのが手っ取り早くて効果も大です。

こと大手町・丸の内系の会社は、統合後何十年もたっているのに「旧◯◯派」だの「旧☓☓派」だのと縄張り争いをやっていたりします。

でも、イキのいいメンバーを両社からチームアップしてプロジェクトに取り組んだら、縄張り争いやっている暇もないですしシナジー効果を口先だけであれこれ語るより具体的でリアルな成果が表れて融和が一気に進みます。
企業文化に違いが大きく個性的なこの2社の統合の過程、起こるであろう様々なことを注意深く見ていきたい。 多くの学びがあるはず。
LINEとヤフーという、カルチャーや歴史の異なる2社の経営統合。中で働くひとは、どう見ているのか。ペイの覇権争いで激しく戦っていた両社は、力を合わせることができるのか。公式の会見では聞けない、「本音」の部分を語ってもらいました。
個人の意見なので全員が同じように感じているかはわからないが、空気感はよく伝わってくる内容でした。革新的なLINEと保守的なyahooという対比は、比べると確かにそうなんだろうな、と感じます。
実際にどこで統合の果実を得ていくのか。一休やZOZOは基本はyahooのトラフィックを流すという分かりやすいバリューアップですが、トラフィックを持つLINEには当てはまらない中では、記事にあるように「データ」での連携が重要になりそうな気はします
改めて思ったのは、Lineは」はやはり韓国企業だと言うことです。特にLINE Payに関して、そういうキャンペーンやってどうしたいの?と感じたことが多々ありましたが、 あれは日本人の決済に対する感性を丁寧に分析していなかったのかな?と。
経営判断が早いことのデメリットだったかもしれませんね。

本当に決済事業での体力勝負が主たる要因で、経営統合を決断したならば、事業シナジーか発揮するまで時間がかかるかもしれませんね。

確かにQRコード決済では、覇者を争っていましたが、決済という意味では、日本がQRコード決済がメインになるとは考えられないからです。グローバルスタンダードは、やはりブランドカードです。その非接触決済を日本のスタンダードにしないと。中国の属国になるなら別ですが。

カルチャーがかなり違うようなので、統合の過程で、人材が流出するのも、また、他のベンチャーには朗報だと思います。
外部から見ている印象と、社風だったりペイ戦争だったり、おおむね一致している。
LINE Payは、ユーザー数をずっと強調していたが、開示ユーザー数≠利用者数だろうなぁというのは、1年位前からコメントしていた点。そして店舗開拓が進んでいなかった(決済は店舗と利用者の両方がユーザー)。
統合で両社がどう変わっていくだろうか。
https://newspicks.com/news/3569902
使われているサービスがあるなら数人でビジネスモデルは作ればいいでしょう。商社や広告会社のようにみんなが商売人である必要はない。でも一度作ればGoogleの検索、Facebookのインフィードのように何十年もキャッシュを運んできてくれます
両社の力を合わせて改めて日本版のスーパーアプリ作りましょってのが今回での取り組み、なのかな。となるとpaypayとLINEの統合くらいはあるかも。
本音トークゆえ、おもしろい。

PayPayとLINE Payのキャンペーンバトルは、PayPayの勝ち。LINE PayはPayPayの軍門に下りました。その理由もこのトークから垣間見ることができます。

マーチャント獲得の歩兵部隊と、補給部隊の差が出ました。
ヤフーとLINE。両社って比べられることも多いですが、社内のカルチャーも結構違うんですよね。Yahoo!からLINEへ転職した方は結構たくさんいるように思いますが、その人達が戻ってくるのか、辞めるのかは気になるところ。
ただ、Y!も川邊さん体制になってから大きく変わりましたから、LINEのトップダウンでスピーディーな文化に馴染んでいるのであれば、今のSBカルチャーが色濃くなったYahoo!にむしろ馴染めるかもしれません。
この連載について
ソフトバンクグループ傘下のヤフーと、LINEが歴史的な経営統合に向けて動いている。1億人の経済圏を新たに生み出し、GAFAに対抗できる存在になれるのか。NewsPicksがレポートする。

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.82 兆円

業績