新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
輸出管理に関して誤解があるようなので、あえてコメントします。

日本の措置は例外的に緩和手続きであったものを本来の原則である個別許可に戻したもの。緩和手続きにしても大丈夫との対応を韓国側がすれば、緩和手続きにすることはもちろんあり得ます。
それは輸出国の判断です。
そしてそれは措置の解除ではありません。あくまで国際的に原則は個別許可です。

かつてどこかに書きましたが、徴用工問題が解決しても、輸出管理上の対応をしない限り、緩和手続きにできませんし、逆に、輸出管理上の対応をきちっとすれば、徴用工の問題にいかんにかかわらず、緩和手続きに戻せます。
あくまでも輸出管理の論理の世界。

「韓国側が対応できないそれなりの理由があるはず」?

あればきちっと説明する機会はこれまで三年間ありました。
輸出管理上の対応とは、韓国が輸出管理の審査の体制がごく少人数で脆弱で、法制度にも問題があるので、是正することなどです。

いずれにしても、どこに行ったか行方不明の量がハンパではなくあれば、国際的なルールとしてきちっと対応するのは当たり前。
それが輸出管理の世界の国際的な常識で、韓国も含めてこの本質を理解する必要があります。
文在寅大統領の韓国にとって、GSOMIA破棄は国内問題ですから、簡単に撤回することはできないでしょう。文在寅大統領は、自らの信念と国内左派の支持取り付けのために、日本に対して強硬な姿勢をとるのでしょうが、日本の対応を読み誤ったのだと言えます。
これまでの日本政府であれば、韓国がこのような強硬な態度に出れば、譲歩の姿勢を示していたでしょう。韓国をなだめにかかっていたかもしれません。しかし、それは、対等な二国間関係とはいえないものです。これまでの日本政府は、韓国の甘えを許していたのだとも言えます。
安倍政権は、そのような日韓関係を、対等なものに変えようとしているのだと言えます。日本が韓国の甘えを許さないということは、これまで、自らは認められなくても、韓国を日本より下だと認識していた韓国の人たちの心理を変えようとするものでもあります。
日本と韓国は、ともに米国の同盟国であり、日韓両国同士も友好国であるはずです。今は、日本と韓国の関係が変わる過渡期にあるのかも知れません。日本も韓国も民主主義国家で、国民が国が進む方向を決めるのです。日韓両国の社会が、感情に流されることなく、両国関係がどのようなものであるべきなのか、改めて考える時期に来ていると思います。
大前提として、GSOMIAは安全保障分野の問題であり、輸出管理や徴用工問題とは全く別次元のものだ。そして韓国にとってGSOMIAは対日強硬姿勢を見せるための国内問題であり、日本にとっては南北朝鮮や米国に対する国際問題である。日韓双方が同じ視点から問題に向き合えない以上、歩み寄ることはほぼ不可能だろう。
破棄したら、韓国の方が困ることにもなりかねません。
対米関係も悪化するし・・・。

日本は「無理が通れば道理が引っ込む」を許すべきではありません。

毅然たる態度で臨みましょう。
北朝鮮との交渉を考えての配慮かもしれませんが、トランプ大統領自身がGSOMIAについての発言を公にしていないのも気にかかります。
追記
やはり、日韓で完全対立して会談は決裂!!とはならないようにしましたね。文大統領が、ここまでヒステリックに反日政策を進めた韓国は、拳を下ろすタイミングもexcuseもなくなっています。自ら首を締めているのは韓国です。


昨日の記事で、トランプ大統領が日本に在日米軍への負担を4倍に…とあったのは、もしかしたら日本と韓国に対する暗黙の圧力だったのかもしれませんね。

ロシア、中国、北朝鮮に囲まれている東アジアの防衛の潜在危機意識が必要なことを思い出せ❗️と…

GSOMIAという国際防衛レベルの話しと、日韓の歴史問題を同じレベルで捉えるなと言いたいのかも。
それは一理ありますが、ならば、トランプ大統領は金正恩氏への対応も変えて欲しいですね。

韓国のチョン・ギョンドゥ国防相と初めて会談する河野大臣がどのように韓国側にアプローチするのか?少なくとも、完全決裂は許されないわけですから、力量を問われますね。
協定を破棄して困るのは韓国の方。破棄しないかわりに貿易管理強化の解除など論外。韓国側がまず貿易管理の是正をすることが先。米国に攻められて困るのも韓国。文大統領は国益より反日を重視する体質になってしまっているので、暴走の末に失脚するのを待つしかない。
せっかく日本が見直し要請という言い訳を与えているのに。現韓国政権は外交が下手くそですね。北朝鮮にいいようにやられる訳だ。輸出管理の問題はGSOMIAとは別次元の問題なのに、日本に態度を変えるよう要請するとか意味不明です
韓国のGSOMIA破棄は東アジアの安全保障体制の大きな変化の兆候に思える。中国と北朝鮮の軍事力が大きくなり、イデオロギー的にも国民感情からも韓国がアメリカと日本から離れていく過程での象徴的なイベントに思える。日米は東アジアの安全保障戦略を根本的に見直す必要がある。トランプ政権もあてにならないので日本の軍事力を抑止力として強化せざるを得ない。中国、北朝鮮と韓国は日本のパワー(軍事力、経済力など)しか見てない。
不見識ゆえの素朴な疑問。日本側は韓国に輸出規制を行い、それに対して韓国側も日本に対して同様の輸出規制を行っている。細川さんのコメントを読むとそれはそれで問題はあるけどとりあえず良いとして、さらに韓国はGSOMIAの破棄を決定した(ただしその後、条件付きで撤回も考えていると公表?)。韓国は、日本の輸出規制に対して二つの政治的報復処置を被せてきている(ように見える)んだけど、なんで?