新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
粉飾決算が原因で倒産というのは違うと思います。

粉飾したくなるのは、赤字決算になるのを覆い隠したいからですが、その赤字の原因はそれこそ色々あります。

得意先が飛んで売上債権が回収できなくなった、売れない在庫をしこたま抱えてしまった、先行きを見誤って投資を回収できなくなった、事業が陳腐化して売上が激減した等々、赤字の原因は挙げればキリがありません。

倒産の原因は粉飾ではなく、むしろ、このような根本的なものです。

銀行は融資を回収できなくなった理由を「貸付先が粉飾決算しててさ」と言うのは勝手ですが、不良債権や不良在庫が溜まったり、減価償却費の計上を止めたり、といった程度の”プチ粉飾”は多くの中小企業がやっており、銀行の融資担当者もわかっていますし、わかったうえで融資しています。

粉飾は麻薬と同じ。問題の先送りをするだけで何の解決にもならないばかりか、一度手を付けたらやめられないので、経営陣が本質的な経営のテコ入れから逃れることを助長するところが問題。

中小企業がプチ粉飾を罪悪感もなくカジュアルにやってしまうのは、顧問税理士が経営者に「赤字決算にすると銀行が融資から手を引いちゃいますよ」というアドバイスをするからだと私は思っています。

完全に間違いとは言いませんが、銀行は黒字か赤字かのフローを見て融資しているわけではなく、ストックであるバランスシートか保証や担保で貸倒リスクをカバーできるかどうか(これも広い意味でストックです)だけを見て融資しています。

毒にも薬にもならない顧問税理士には注意が必要です。
大手行・地銀を問わず、中小零細向けスモールビジネス・ローンで、粉飾や詐欺で不良債権の山を築いた反省が全く活かされていない。

中小向けにスコアリングを含む単純な定量分析は機能しない。AIによる粉飾察知や、職人的感覚を含めた定性評価を見直しという、新旧両面での対応が不可欠。
大企業では会計監査が法制度として組み込まれており、大手の監査法人ですら不正対応には苦慮しているので、監査法人の監査が制度化されていない中小企業なんて、経営者のモラルに依存するしかないのが現状。

でも、そこで一石を投じたい。顧問先の会社の帳簿に定期的にアクセスできる権限を持つ税理士はいったい何をしているのか?
「税理士の使命」を声高に叫んでいるわりに政治活動に一生懸命になっている気もするので、業界あげてこの問題に取り組んでいく必要があると思います。

この9月から一応税理士になりましたが、この点については、あまり議論が聞こえてきません。
米国企業に比べると日系企業の倒産時の回収不可能債権の割合が高いそうです。日本企業は倒産しないように頑張ってしまいますが、その結果、倒産するときには負債が増えてしまうそうです。

その一因として士業と企業の関係性があると思います。

大昔、働いていた個人の会計事務所ではお客様の融資や役所の入札案件を取れるように結果として粉飾決算のお手伝いをしていました。私が担当したのは1期のみでしたがその前から数年に渡って黒字決算で締められるよう調整していました。当時は税理士受験生の身で公認会計士・税理士の先生の言われるまま対応していました。

その後、就職して大手の会計事務所で税務業務を担当していた間はそんなことはなく、転職して監査法人で働いていた時は、粉飾や不正を見つける立場だったのでもちろんそういったことには携わっていません。

困っているクライアントを助けるつもりで一度粉飾にかかわってしまうと、次に同じことが起こった時にNOといえなくなってしまいます。
粉飾などせず、早めに倒産させた方がお客さんも再起のチャンスを得られるのです。

独立して自分が意思決定できる立場となった今、専門家としての倫理観がとても大切だと思っています。
とりあえず銀行は批判しときゃ間違いないって感じの記事やね。粉飾してる方が圧倒的に悪いのだが。しかも10ヶ月で16社と言われても…倒産件数より負債総額が気になる。

銀行はリスクを取って融資している限りは不良債権はゼロにはならない。片方ではもっと中小やスタートアップに貸せと言い(つまりリスク取れ)、片方では粉飾や不良債権を非難する。銀行は格好のパンチングバッグって訳よ。
この中間期決算を見ても、銀行の与信費用の増加は著しく、倒産やその予備軍が増えているのは明らか。

ただ、粉飾が増えているのと、銀行審査の甘さを結びつけるのは少し無理筋。ゆるゆるなら粉飾するリスクを取らずとも審査を通りやすくなっているはずです。文中の関係者コメントにある通り「個別性が強い」と思われます。

倒産の増加については、貿易摩擦等によ「不況型倒産」が特に地方で増加が加速していること、「人手(後継者)不足倒産」が2割前後も増えていること、10年前のモラトリアム法の「魔法」がついに切れつつあることなどを注視すべきだと思います。
まずは粉飾と分かっていても数字を稼ぐ上で融資をしてしまう場合ですがこれはカルチャーの問題なので根が深いです。審査の甘さよりこっちに方が問題です。

中小企業への融資もやっていましたが、粉飾の見極めについては、実態をどこまで把握できているかということに尽きます。実態を見ると色々と矛盾が見てきます。
架空売上、費用の過小計上、期末の1日だけ現金を積み上げたり悪質なものもあります。在庫の陳腐化などは業界によっては分かりにくいものもあるのですが、怪しいと思ったら自分自身の目で見る事も大事です。
最終的には事業性を見極めるのが銀行員の仕事だと思っています。

倒産についても、売上債権回収期間の長期化や主要顧客の信用力などを見ていると連鎖倒産の可能せは見えてきます。
体感的には、バブル崩壊後の長引く不景気の時の方が「粉飾倒産」が多かったように感じます。

ただ、当時は、「貸し渋り」「貸し剥がし」と言われたように、銀行が迅速に債権回収に当たっていました。

昨今は、下手に倒産させると銀行の支店や担当者の責任にもなるので「見て見ぬふり」をしているのかもしれません。

個人融資も結構メチャクチャです。

退職して収入がなくなった知人に、
「じゃあ、年収はこれくらいにしておきましょう」
と、担等の銀行員が稟議が通りやすいようオススメしてくれたそうです。
倒産に至らないまでも、粉飾が発覚するケースは最近、たしかに目立ちます。粉飾の噂が出回り始めた時点で、回収に動いても時すでに遅しというケースがほとんど。ちなみに某銀行は他行よりも逃げ足が早い(=目利き力がある?)と有名です
新陳代謝は大切。もちろん、粉飾は論外です。
株式会社西日本フィナンシャルホールディングス(にしにっぽんフィナンシャルホールディングス)とは、2016年10月3日に設立した金融持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,428 億円

業績

業績

株式会社長崎銀行(ながさきぎんこう、英語: THE BANK OF NAGASAKI, Ltd.)は、長崎県長崎市に本店を置く1912年(大正元年)11月11日創業の第二地方銀行。 ウィキペディア