新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも中古不動産の取引は多くが個人間売買(売上も買主も個人消費者)で、そこに仲介会社が間に立つのでそう見えにくくなっている取引です。

ここで述べてもらっている個人間売買とは、完全に個人間でやりとりが完結する取引のことを指していますが、なかなかできそうでできてないのが現状です。

そしてそもそも買い手売り手がそれを望んでいるのかもあります。メルカリのようなプラットフォームの恩恵は、今まで存在しなかった取引、例えばタンスに眠ってるアクセサリーが市場に出てくる、ということがおきますが、不動産ではそういっまそとは起こりにくい。
仲介手数料がなくなる、が大きいところですが、今の3%は高いと感じるにせよ、自分で交渉、物件調査、契約書準備、ローン手続き、などなどやるなら多少は払ってもやってほしい。という人も多い。

ということで、個人間売買よりも、すぐ売れるスームズな業者買取の普及の方が、マーケットニーズありそうですし、インスペ買取順調そうでさすがです。