新着Pick
442Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本ではWeChatPay互換とAlipay互換が両立できんのか?
まだ、統合検討中のタイミングから、個別論について具体的な報道。かなりのスピード感で動いているので、現実的にもいきなり統合は無理でしょう。
いちユーザー的には数が減るのはありがたいですね。paypayの方が使うタイミングは圧倒的に多いものの、LINEで送金するときのためにチャージしている感じなので。
どちらのトップも創業者ではないし、それぞれ大株主が存在。トップダウンで進みそうですね。ただし、統合の座組みが複雑なので意思決定と利害の調整、そして10年、20年経った時の状況変化への対応が大変そうです。
“経営統合の協議を進めているヤフー親会社のZホールディングスとLINE(ライン)がそれぞれ手掛けるスマートフォン決済「ペイペイ」と「LINEペイ」が、当面併存する方向となっていることが16日、分かった。経営統合は2020年中の完了を目指して調整しており、週明けにも両社で正式に合意し、発表する見通し。”
LINE PayPayPayじゃないのか( ・∀・)
PayPayはPaytmのシステムをベースにしているということなので、ある程度はシステムに柔軟性がありそうですが、LINE Payのシステムは、完全にスクラッチですよね。Lineをベースに作り込んでしまっているので、スマホ決済の統合はお金がかかるだけなのでしょう。
強いて言うなら、walletの残高を送金できるようにするくらいはした方がいいように感じます。

経営統合する基軸事業は何になるのでしょうか?
yahoo!ジャパンをプラットフォームにして、Lineのアカウントとヤフーアカウントを統合するのかしら?
決済戦争の消耗戦は終わったということで、ECやフリマなどコマースや金融サービスとの連携がとても気になります。1つのアプリで、ほとんどができるようになったら、かなり画期的に便利だと思います。
決済戦争(コード決済)って本当に終わったんだろうか。
全くそうは思えないのだけど。
本当に終わったのなら、乱立に対する批判は雑魚(NP的にはPayPayとLINE Pay、メルペイ以外は意味の無い存在っぽい)をまとめられないPayPay(SoftBank)に向けられるのかな。
これが実現すれば、メルカリさんにも何かしらの動きがありそうですね。
「システムの連携で効率化」というのは、店舗側対応だろうか?
スマホ決済、いわゆるユーザーに加えて、店舗も顧客。両方を併存させるということはユーザー側は変わらない。一方で店舗については、1個の契約でどちらでも使えるとなれば、そこのコストは効率化できるし、今どちらかしか使えないところが両方使えるようになれば、PayPay・LINE Pay連合と比較して、他社は競合不利になる。
とはいえ、完全統合しないことには、と思うが…

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.83 兆円

業績