新着Pick
321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカのメディアが孫さんを叩くのは、「投資に失敗した」という点よりも、「このやり方って、道義的にどうなの」という疑問が大きいからです。

投資する際には加藤さんの仰る「札束プレー」。ビジネスモデルは、巨額のカネの力で普通ならできない速度で成長させることでその分野の「独占」をつくりだし、競合を潰してその後儲けようという、いわば19世紀後半のスタンダード・オイルなどがやっていた「独占プレー」。これにより、アダム・ニューマンやトラビス・カラニックのような怪しい人々を増長させたこと。カショーギを殺して言論の自由を圧殺している政権のカネであること。(特にカショーギの件は、アメリカのメディア人にとっては、仲間を殺されて切り刻まれたということなので、めちゃくちゃ恨みは深い)

確かに、投資(WeWork, Uber, Sprint, ペッパー・・・)の派手な失敗も多く、現在の投資先でもインドのOyoが叩かれています。私はたまたまユニット型プレハブ住宅のKaterraを調べたことがありますが、建設業界のド素人が創業、技術に関しては言うことがコロコロ変わっていて、従業員はどんどん逃げている、という「セラノス」の香りが高く、ちょっと前にソフトバンクも追加投資をしようとしてやめた様子。他にも出てきそうです。
そもそもこの金額で立ち上げる意味があるのか…

<追記>Naoさん、ありがとうございます!
この金額だとビジョンファンドの「札束プレー」ができない(もしくはそれをやるとファンドとしてコンセントレートしすぎてしまう)と思っています。ビジョンファンドはあの資金量からのJカーブ超深堀がゲームチェンジャーで、ビジョンファンド2もそれを狙っていたという理解です。
一般的な規模としては大きいとは思うのですが、今後のラウンドで集められたとしたら、逆にファンドパフォーマンスとしてはスタイルも変わる(変わらざるをえない)。その観点で、追加集められるのか、今と集まった時で運用スタイルがどうなっていくかも、今後注目点かなあと思っています。<追記終>
海外メディアがビジョンファンドの裏側を、
クソミソに書いていましたから、
かかる惨憺たる結果は、容易に予想できました。
(日本の経済メディアは、知りたいこと、
本当のことを書かないから無意味だよね)

1号ファンドの最大のスポンサーだったサウジの
ムハンマド皇太子が極度の金欠で脱落し、
ウィーワークへの「1兆円追い貸し」という
泥沼にハマった孫さんの評価はガタ落ち。
目が曇ったのではないか?
ビジョンファンドは穴だらけ、
もうカネを出す奴はいないと、
大逆風が吹いていましたから。

降ってわいたようなヤフージャパンとLINEの合流は、
一敗地に塗れた「孫マジック」を蘇らせる狙いでしょうが、
それが「ジタバタの焦り」に見えるのは、僕だけでしょうか。

☆月刊FACTA 10月18日配信
サウジ脱落 「孫正義10兆円ファンド」危うし
https://facta.co.jp/article/201911035.html
別に気にすることはない。 

ベンチャーファンドは、必要に応じて事前にコミットした投資家から資金を送ってもらう形で、何兆円も現金を積み上げてそれをつぶしていくわけではない。

これは、預金で集まってしまったお金を投資する銀行などの業態の資金運用と根本的に異なる点。それを知らない人は多い。

まずは2000億円くらいあれば、ソフトバンクの資金と、すぐ連絡出来る投資家、いつでも取れるデットの資金でなんとでもなる。機関投資家は様子を見ているので、きっかけがあればまた流入してくる。

世界の金余りと資金運用難というマクロピクチャーが変わっていないことを忘れてはいけない。懲りない人はいくらでもいるし、それでファンドビジネスは成り立っている、といえば身も蓋もないが、SVF1のリターンが20%を超えていて、他に隔絶した実績でSVF並の資金を運用するファンドのような「強敵」が現れた訳でもない以上、初回の募集でSBGもSVFも誰も慌ててはいないと思う。
大事な記事の見出しに「ソフバンク」と書くBloombergにビックリ。
投資の世界では「コツコツドカン」という表現がある。
利小損大とも言えるけれど、
小さな利益を積み重ねていたら、ある時大きな相場の変動に巻き込まれ、これまでの利益が全て吹っ飛ぶような損をして、市場から退場することになるということ。

孫正義クラスの人はそれを超越したかと思ったけれど、
ある意味で、数百億円のコツコツを積み重ね、数兆円のマイナス一発で退場危機というのは、まさにコツコツドカンなのかもしれないと思った。
ウイワークをはじめとし、投資先の不振で大赤字を出しただけに、出資者が集まらないのは当然でしょう。

前向きに進む方針なのかもしれませんが、投資先の状況が改善するまで様子を見た方がいいと(素人的には)考えます。

少なくとも、私だったら出資したいと思いませんし(^_^;)
ビジョンファンド2号、ファーストクローズは20億ドルしか集まらず。自分たちで出すといっている380億ドルと合わせて400億ドルでスタート。やはり集まりはかなり悪い。そう言えば自分たちでの380億ドルはどうやって捻出するのだろう??
足元のパフォーマンスが悪ければ、即そっぽ向かれる…
海外から資金を集めれば、当然そうなります。
私は、孫さんは凄いなと思いますが、ガバナンスも含めて日本を軽視している面は否定出来ないと思っています。
でも、海外重視ならば、それはそれで貫けばいいと思っていました。
ガバナンスも含めてパフォーマンスに対してドライで厳しいのが海外の投資家です。
良くも悪くも海外を主眼においている結果だろうと。
VFにふさわしい投資先の数が十分手元にあるのかはわかりませんが、UBER・WEWORKの株価下落で従来より投資時点でのバリュエーションは下がるはずですので、かえって少ない金額で高いリターンが出るのかもしれません。
 また、ディスラプターの企業価値増加をソフトバンクGrの株主になれば誰でも預かれるというのは、ある意味民主的なモデルだという評価もできると思います。(SBGrだけというつもりはありませんが)
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.6 兆円

業績