新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日常的に使っているグラブから東京でもタクシーを呼び出せるのは便利になります。東京で他のアプリをひさしぶりに立ち上げるとアップデートをしてくださいとか、再ログインをもとめられたり、UIの違いで戸惑ったり、時間がかかることがあります。タクシーを使いたいときは、急いでいるときがほとんどなので、国境を越えても同じアプリで移動できることは、ちょっとしたことに見えますが、ユーザーからすると大きな違いです。

ただ、東京でタクシーを利用すると、結局、地下鉄やバスと変わらなかった、タクシーの方が遅かったということが頻繁にあります。荷物があるときや、疲れているとき、移動中も作業したいときなどに限られることが多いと感じています。
こなかなかスゴイ連携だと思うけど、「ライドシェア」であるGrabと登録者のみの日本のタクシーだとそもそも仕組みが違う。Japanタクシーの捕まりの悪さに外国人も不便を感じるかもしれないけど、こういうことをきっかけにタクシー業界も変化するかもしれないので、前向きに期待したい。
ウーバー、滴滴、グラブと、ライドシェア大手3社が着々と日本国内でのサービスに乗り出しています。「ライドシェア鎖国」を続けるタクシー業界と国交省ですが、アプリの利便性に慣らされることで、やがては、より安くより便利の利用者ニーズは高まると思われます。タクシー業界と国交省は自分たちの利害に固執するのではなく、利用者視点のドアツードアの移動のあり方を考えるべき時に差し掛かっていると思います。
タクシー業界と国交省は、なぜタクシーの利用者が減っているのかをよくよく考えてみることです。決して人口減少だけのせいにしてはいけませんよね。
日本のタクシーアプリを使わずに配車できるのはありがたい。ライドシェア解禁の一歩になるとよいですね。
外国人の需要に応ずるため、配車アプリとの連携や運賃の事前確定などタクシー側も矢継ぎ早に対応が進み、日本人にとっての利便も向上する。インバウンドさんの外圧、歓迎。
どこかの記事でもすでに話題になっていたと思うのですが、最近のお客さんはインストールしている全てのアプリで呼び出し、一番早く来たのに乗って他のはキャンセルしてしまうそう。そういうときこそキャンセル料とったらいいのでは、と思ってしまいます。
グラブが11月18日から日本でも利用可能に。ただしタクシーの配車のみ。
大きく業界が変わるというものでもないけど、ASEANからの訪日客には便利。
連携先のJapanTaxiも、トヨタからの出資を受けていた兄弟なので、スムーズだったのかも。
GRABが日本で使えるように。タクシー呼べるだけならタクシーアプリと変わらないと思いますが、料金含めとにかく日本の交通手段は改善急務。
入り口でのグラブ連携は素晴らしいけど、結局サービス本体のJapanTaxiの配車能力が変わらなければあまりインパクトのないものになりますね。
ついに!グラブには以前からジャパンタクシーから秋波を送っていましたが、来年のオリンピックに向けて大きな連携です。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン