新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バブルですね。
軽のミッドシップは理屈としては悪くない。

通常の前輪駆動車のパワートレインを後ろに持ってくると簡単にミッドシップとなりそうだが、実は違う。
まともな人ならすぐ気が付きますが、それって限りなくリアエンジンじゃね?って事。
しかもほとんどのクルマが採用するジアゴーサ式前輪駆動レイアウトはトランスミッションこそ脇に置きますが、エンジンの下にデフが置かれる二階建ての高重心。
しかもエンジンが後輪にのし掛かる位置にいるから、サスペンションはロアアームだけのストラットしか使えない。アッパーアームの置き場が無いので能力高いダブルウィッシュボーンにはできない。

つまりは高重心のリアエンジン車なのにサスペンション能力が低いという結構ダメな構成となる。

ただし、軽自動車ならホイールベースが短い為、それでも大きなクルマよりはずっとマシ。
車体も軽くエンジンパワーも無いから、サスペンションの能力もまだいける。

欠点は重くなりがちという事。
ミッドシップはエンジン下に大穴を開けなければならない。
コレがホイールベース内存在するものだから補強しなければならない。なので黙ってたらドンドン重くなる。
AZ-1はあの時代だから許されたが、今はあんなに軽量設計は無理。

増して、ヘタクソが乗っても危なく無い様にしなきゃならない。リアタイヤは太くしてガチガチのグリップによる安定方向へ。ミッドシップらしさはどこへ?となる。

ミッドシップのS660は車重830kg
前輪駆動車のアルトワークスは車重670kg
エンジンパワーはほとんど一緒。
しかもアルトワークスは50万円も安い。


どっちがいいかは子供でもわかる理屈。
破天荒さでは完敗ですが、現行車種で近いのはコペンとS660になるのでしょうか。
コペンも中々特殊な車だと思うけど、こちらは結構長く販売されてますね。
固定ファンが多いのかな。
マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
6,615 億円

業績