新着Pick
789Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日のMarkeZineさんでの対談に続きますが、 今回は「サンカク」「Wantedly」「NewsPicks」の3社合同開催イベントセミナーの基調プレゼンとパネルディスカッションのモデレーターをさせていただきました。(エンジニアデザイナー採用担当になってモデレーターの機会が一気に増えた気がします)

共感型採用というテーマで色々な切り口からお話しさせていただきましたが、メドレーからのアップデートとしては、組織のフェーズが一気に変わってきていて、戦い方が変わってきているというお話をしています。

スタートアップフェーズからステージが変わる中で、コミュニケーションプランをダイナミックに変えたこと、自前主義から外部のパートナーさんに協力を仰ぎながら進めていく方針に変えたことなどをお話しました。

また、当日のイベントでは「企画がなかなか通らない」と悩む担当の方が予想以上に多かったことを受け、関連するブログをnoteにまとめています。合わせてご参照ください。

「なぜあなたのその企画は通らないのか⁇」

https://note.mu/kyo/n/ne7f68b9dfa8c
「共感を持って貰う」というのは、とても大切なことだと思います。

ただ、就活生の抱くイメージと実際の仕事のイメージとは大きく異なっており、「共感」にズレが生じることが多々あるのではないでしょうか?

そのために、インターンを活用するのでしょうが・・・。

いっそ、新卒採用を止めて、中等採用だけというのも多くの企業にとって「一つの選択肢」だと私は考えています。

社会の厳しさ、仕事の地味さを身にしみて分かっている転職者の方が、夢見がちな新卒よりも地道に努力をしてくれるように思うのですが・・・。
先月行われた「サンカク」「Wantedly」「NewsPicks」の3社合同イベントセミナー「優秀潜在層を獲得! 成長企業が今すぐやるべき『共感型採用』とは」のパネルディスカッションをレポートします。

モデレーターは来月上場を控えている株式会社メドレーの加藤恭輔さん。対するはラクスル株式会社の渡邊建さん、ナーブ株式会社の多田英起さん。笑いと学びの飛び交ったトークセッションでした。

人材獲得に課題感を持つ企業の皆様は、ぜひご一読ください!
この裏側には、いま圧倒的に技術者、とりわけプログラマーが足りてないのに、大学の学部や学科の定員が決まってるせいで、弾力的に必要な人材を輩出できないという問題があります。アメリカの大学は日本のように毎年一定の定員はなく、研究費の集まり具合によって弾力的に変わります。
共感型採用、とても共感できる言葉です。オイラ大地でも提供価値の見える化をオウンドメディアとして蓄積していってます。求職者の方も最近ではかなりの方がサイトやnoteの記事を見てくださっています。同時にこれは短期の施策ではなく息の長い中長期の施策だと思いますし、中の人の声が染み出なければいけない施策だと思います。つまり嘘はバレます。

課題は課題としてしっかりお伝えし、どう改善しようとしているかのプロセスは明らかにし、自分たちの強み、提供価値は何かをしっかりお伝えしていく。その為には今の中の声とも向き合っていく必要がありますね。
この連載について
NewsPicks Brand Designが企業、商品、サービスのブランドイメージにフィットした記事をお届けします。