新着Pick
619Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第一印象って成功確率を上げるためにも本当に大事。
うちの広報が他の社員によく言ってます。ネットの会社であっても、オフィスに来客があったら社員は元気に挨拶して欲しい、なぜならばその挨拶を通じてお客様は朗らかで親しみやすいサービスだって認識するからと。
日々の経営でも常に意識する事を心がけたいですね。

「最も優れた従業員は1番レジに配置し、最もおいしい料理はセットメニューの1番に組み込むのだ。これは、1番に割り当てられた者(もの)への評価が、製品やサービスへの期待や予測を方向付けてしまうからだ。」
言い換えるとトップバッターは良くも悪くも集団の平均値だと思われる傾向があるのですよね。なので対外的に幾つかのピッチを見せる場合は最初に優秀な人を持ってくると、全体への期待感が高まって、たとえそれ以降の人のパフォーマンスが微妙でも雰囲気で誤魔化せます。

気をつけないといけないのは、数人のピッチを相対的に評価する場合は、トップバッターの評価順は真ん中辺りに落ち着く傾向があること。トップバッター以降の人達の内容はトップバッターより良いか悪いかで評価しようとしても歪んだ結果になってしまうのです。仮にトップバッターの人の内容が一番優れていたとして、それ以降の人達の評価は当然トップバッターより下の評価を付けられるのですが、下ばかりになってくると全体のバランスが悪くなるので、ちょっとした理由でトップバッターより上に位置付けられたりするのです。たとえば熱量の印象とかです。今やったばかりのピッチとだいぶ前にやったピッチの熱量の印象なんて比較してもアンフェアなんですが。
何をもって「デキる」というのでしょうか?

場面によって様々だと思いますが…

一見、明確なようで、何を主張したいのか、よくわからない記事です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.02 兆円

業績