新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一日三時間は、結構ハードル高そう。お値段もかなりしますね、このサービス。私のお勧めは「一日30分、声を出して教科書をとにかく読む(できたらネイティブがしゃべっている音声教材つきのものをそのままオウム返しのように)」です。私、私の後輩はその方法で英語の基礎構築ができて、英会話スキルがスパークしました。そしてお金は教科書代のみ(笑)

18歳まで英語まともに勉強せずに、赤点常連。留学は一切したことないですが、23を過ぎたあたりから、英語が出来ることで得られる仕事が急増。

ということで、このプログラムは受けていない+自力でなんとかなったので何とも・・・ではありますが、翻訳ツールが進化するほど「人は英語が学びたくなる」は、なるほど!と思いました。
英語の学習は継続してナンボだと思っているのでコーチングで英語が継続できるシステムも良いですね。
セブ島留学に来る生徒さんやオンライン英会話の生徒さんも増えているので、翻訳ツールが進化するほど「人は英語を学びたくなる」というのはその通りだと思います。
日本では数少ない成長マーケットではないでしょうか。
う~ん、最先端の技術やサービスを知っても、同じことが言えるのか…あまり同意できない記事です。

既に翻訳の精度は、日常会話であれば問題ないレベルになってきています。加えて、イヤホンとマイクを使えば、双方向でリアルタイムの同時翻訳も可能です。

もちろん、完璧ではありませんが、ニュアンスは十分に伝わります。

逆に考えると、そういった機材を使いながら、生の表現や発音を覚えていくという学習方法に変わっていくのではないでしょうか?
日本人だけ通約付きというのはダサいし、タイムラグが致命的なこともありそうですね。
”グローバルでミーティングをしていると、日本人はすべて通訳をつけていますが、韓国人や中国人で通訳をつけている人はまずいません。その中で日本人だけが翻訳デバイスを使って凌ぐのは難しい”
これは詭弁ですね。英語以外の言語でも字幕を選ぶため、「役者の生の声を重視する」からでしょう

>映画も同じで、日本語吹き替えの映画があったらみんな日本語吹き替えを見るかというと、多くの人が字幕を選んでいますよね