新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3メガの業務純益は昨年同期比で増加。貸倒引当金の戻り益の減少とかリテール部門の減益はあるが危機的というレベルでは全くない。リテール部門についてはもっと店舗と人員の削減など固定費を減らす努力をすべき。まだまだ異様に多い高給の人員を維持しており、自らの経費削減努力抜きで預金者に負担を強いるのは時期尚早と言うべきである。
3メガ共に4-9月期の経常利益、当期純利益が対前年同期比で減益になりました。資金利益の減少、与信関連費用の増加が共通しており、株式・債券関連の利益と経費削減で各行に違いが出ましたが、経常利益まで下りてくるといずれも減益に終わっています。
 ここから下方にショックが起きると利ざやが出にくい構造の中でクレジットコストの増加局面に入りかねず、口座維持手数料の徴求のきっかけになるかもしれません。
 ちなみに最も気になったのはみずほFGのリテール・事業法人の純利益がマイナスになったこと。店舗・人員などの踏む込んだ改革を示唆しているように思いました。
想定内の事象ですよね。終わりの始まりとも言えるかもしれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(みついすみともトラスト・ホールディングス、英語: Sumitomo Mitsui Trust Holdings, Inc.)は、三井住友信託銀行株式会社を傘下に置く銀行持株会社である。上場銘柄としての略称は三井住友トラ。 ウィキペディア
時価総額
1.19 兆円

業績