新着Pick

「地方の古い戸建て」買い取る企業の儲けの秘訣

東洋経済オンライン
空き家の問題は、今後ますます深刻化するといわれている。こちらの記事『100均の家ついに登場、深刻化する空き家の対処』で、空き家が問題になる理由や対処の取り組みについて取り上げた。空き家の増加は、進行する…
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「「古い住宅」は、今のものより性能が低い」

漫然とそう思い込むのではなく、もっと客観的に議論できるよう、業界を変えていったほうがいいと思います。

例えば、省エネ基準は最近では1992 年、1999 年、2013 年に改正されており、その区間内に建築された物件であれば、地域区分、構造種別が同一ならば省エネ性能はおおむね類似しているとみなすことができます。

また、リフォームした際、どれくらい住宅性能が変わったかを客観的に示したいと思い、下記のような研究も行っています。建築・IoT・不動産の専門家と組んだ共同研究。

Yuan Lin, Yuki Obuchi, Xueting Wang, Toshihiko Yamasaki, Ryoma Kitagaki, Satoshi Toriumi, Mikihisa Hayashi, Ai Sakai, Nobuhito Haga, Shimpei Nomura, and Yoichi Ikemoto, “Real Estate Evaluation on Thermal Diffusivity with IoT Sensors,” IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 456 - 457 , 2019.
5万人規模以上の地方都市が対象、とのこと。
シロアリ業者とともに買取査定するなど古い戸建て再生ならでは。
興味深い、詳細が分かる丁寧な記事です。
カチタスさんのビジネスモデルの表、興味深かったです。

地方だから持ち家にこだわる層はやはり多いです。学区がよいと言われる高台が集中的に売れ、少し古い団地だと全く新陳代謝が進まないという現状があります。空き家問題、根深いと感じます。