新着Pick
525Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「大手IT企業が金融業へ進出」というのは、随分前から報じられていました。

つまり、「金融業は伸びしろがあり儲かる業種だけど、現在その主体である銀行はダメ」だということ。

従来の銀行が苦境に陥っているのは、大量の人員と多くの支店という莫大なコストを抱えているからでしょう。

これからは、スマホひとつあれば送金も決済も、(おそらく)融資を受けることもできるようになる時代。

業界地図が塗り変わるのは、案外早いかもしれませんね。
いよいよグーグルも金融ビジネスへ本格参入するようです。預金口座を提供し、インセンティブをつければ、資金が流入。それで、Google Pay決済を促進します。

銀行を傘下に置くのではなく、バンキング業務をおこう。その方が自由度が高い。融資や投資、保険などもクロスセルするでしょう。

欧州では、電子マネーの免許と、更新系決済プロバイダーの免許を取得しています。さて、どんな戦略を打ち出してくるか。楽しみですね。
Appleはゴールドマン、AmazonはJPモルガン、グーグルはシティ、FBは単独でリブラ。テックと金融の陣取り争いの構造がより明確に。
スタンフォード大学の信用組合と提携して…
というところがポイントですね。

今回Googleが提供するのは、checking accountです。
つまり無利息の口座です。
大学生には、資産運用サービスなどは要りません。お金を効率よく一元管理出来ることがメリットです。

これは、奨学金やアルバイト代、仕送りなどなどをここで管理すると、Googleがどんなインセンティブを与えるのか?に注目したいです。
amazon、Apple、Google、facebook…GAFAの全てが金融に乗り出すことになると、既存の金融機関は、完全なディスラプト対象になるわけです。

Fintechとか、MoneyTechとかお祭りしていたところは、一気に危機的状況になるでしょうね。

ここ、数年、何をやってきたかが問われる瞬間が迫っています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
GAFAも、
AlibabaやTencentも、
ソフトバンクも、
みんな銀行になろうとしていますね。

迎え撃つ銀行業界は大変ですね。
信金というのはカリフォルニア州の信用組合のようです。日経新聞にもくわしいです。

「米Googleが銀行口座サービス シティと連携、20年にも」(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52145650U9A111C1000000/
Googleをもって「やや」長い
仮に地銀の衰退が急速に進行すれば都市の方が考える以上に地方経済に与えるダメージがでかい。
どの様な影響が出るのかかなり危機感を持ってシミュレーションしなければ。
逆にテックベンチャーからしたら組みやすいパートナーでは?
日本のタンス預金が海外投資に代わるわけですね。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
199 兆円

業績

シティグループ(Citigroup Inc.)は、マンハッタンに本社を置く、金融関連事業の持株会社である。ユーロ債市場の第一人者。四大銀行やバルジ・ブラケットの一つ。ニューヨーク証券取引所上場企業(ニューヨーク証券取引所: C)。 ウィキペディア
時価総額
15.2 兆円

業績