新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日は経産省コンビニのあり方検討会本部ヒアリングでした。

報道ではローソンゴーなどが注目されたが、本質的な問題は加盟店と本部の「共存共栄」のビジネスが環境の変化で「利益相反」になっていることが明らかになってきている。コンビニ店舗の売り上げは横ばい、経費アップ、経営困難に直面しているオーナが多い。

例えば、街角のどこも同じチェーン店となれば、ライバル店の利益にならず本部は儲かるが、加盟店オーナーは売り上げが減る。

廃棄ロス問題も、本部はほとんど負担がないので(今は負担を何パーセントとなってきているが)、加盟店は廃棄が出るほど仕入れたがらず、本部はたくさん仕入れてほしい。

24時間やらないと他にお客を取られる。しかし人件費が節約できるので、加盟店オーナーにはインセンティブが働くが、人件費を持たない本部は店を開けておけば、わずかでも利益が入る。

「利益相反」となれば、力が強い方が勝つ。圧倒的な「パワーバランス」をどうするべきか? これに対して北海道中心で展開するセイコーマート丸谷社長から「いきすぎたことが起きない法規制は必要である。そうしないとコンビニモデルのサステナビリティに支障がでる」という意見が出た。

経営サイドからこのような意見が出ることは驚いた。そもそも第三回検討会において、私は「一体どこまでやる委員会なのか? 法改正か、ガイドラインか、どこまで行くのか?」と質問したからだ。ガイドラインは出ても法規制は難しいと思っていた。

セイコーマートは元々はフランチャイズ契約だったが、継承者問題などで持続困難なFCモデルを時代に合わせて変化させ、今は8割が直営である。地方の問題は日本全国の問題の縮図である。

今回の問題の本質は、24時間問題、人件費やフードロス問題だけでなく、利益相反の中、本部とのパワーバランスにおいてオーナーが圧倒的に弱いということだ。

そこにどう規制を入れていくのか? 法律、ガイドライン、事業者の団体など、様々なやり方がある。

大手三社のうち、セブンイレブン、ファミマの本部ヒアリングは十五日となる。
なんだか「今さら感」が漂っているように感じます。

そもそも、不在時に無断発注をされたら即刻抗議するなり刑事告訴するなりすべきでしょう。

「横行」していたのに今まで問題にならなかったのは、阿吽の呼吸でオーナー側が「追認」していた可能性があります。

詳細が分からないので何とも言えませんが、事件当時追認しておきながら、今になって「勝手にやられた」と主張している人もいるような気がしてなりません。
売れれば本部も分け前を得ますが、廃棄ロスは基本的にフランチャイズ側が追う仕組みです。このため機会ロスを減らしたい本部と廃棄ロスを加味して利益を出したい店舗で構造的に発注量について意見対立が避けられません。こうした利害関係をどうきりもりしているのか、契約と運用について深く知りたいです。
 ちなみにローソンのやっているセミオート発注というのはうまく流れ ているのでしょうか。
これはどっちもどっちでしょう。

コンビニ会計を理解していれば、廃棄ロスが出ても粗利が取れれば良いと思ってるのが本部と社員(奴隷)ですから。

オーナー側もそれを理解したうえで、事前に発注の打ち合わせをしたり、無断発注されたらその場で抗議すべきです。

ここ最近、鈴木会長が居なくなってから統率が取れていない感じがしますね。それだけ鈴木会長の恐怖政治が強烈だったということですが(笑)
『【秘録】王者セブンを影で支える、メーカーたちの「汗と涙」 -』
https://newspicks.com/news/3282206/body/

これもノルマが沢山あるのかな。
セブンイレブンの本部とFCの関係性が閾値超えた印象があります。コンビニ業界でも圧倒的な収益力、パワーを持つセブンイレブンは加盟店にも取引先にも強気の交渉スタンスで、「強い者がますます強く」という状況でしたが、今年になって「驕れる者も久しからず」という感じになってきましたね。会社のカルチャーも含めた体質改善は大変ですが、必要でしょうね
セブンのコーポレート・ガバナンスには、どこか根っこのところに本質的な課題があるように感じます。

今、表面にでてきているのは、氷山の一角なので、早期に根本原因に対策を講じてないと、もっと大きな問題が噴出するのも時間の問題ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
複数のオーナーから、こうした事実は昔から指摘されていましたが、ゼフンは一貫して、そうした事実はない、と否定してきた経緯があります。今後も同じ姿勢を貫くのでしょうか。
これはセブン本社にとってかなり恥ずかしい事案。
どの程度こういうことが行わているのか調査のうえ、至急の対処が必要。
まるで郵便局の話みたい
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績