新着Pick
761Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでMessenger送金と言っていたものをフェイスブックペイに変え、決済もできるようにしたものでしょう。決済データを広告に活かすという発想は、相変わらず。利用者視点からの革新ではありません。

WhatsAppでの決済はインドでテストしていました。インド政府は、WhatsAppで起きた集団リンチなどに対処できていないとして、WhatsAppペイに許可を与えていません。

それをフェイスブックペイという名前で世界にばらまこうという姿勢は、どういうものでしょうか。
Facebookもキャッシュレスに参入してきましたか…!

日本では消費増税を皮切りに、さらにPayブームに拍車がかかり、多くの人がスマホ決済をするようになりましたが、実はアメリカは事情が大きく違います。
アメリカは日本よりかなり前からキャッシュレス文化ではありますが、スマホ決済やコード決済はあまり普及していないのです。
皆さん、クレジットカードで支払うのが現状です。

そんな中、今回Facebookはスマホを使っての決済を導入すると。どれくらいの方が心動かされるのか、Facebookを通してスマホ決済をするようになるのか…気になります。

Facebookは先日、セキュリティ面での問題を理由に仮想通貨界への参入を延期したばかり。
キャッシュレスの対応が先にリリースとなりそうですが、Facebookは、次の策として何かしら金融分野に乗り出したいということなのでしょうか。
第三者への決済ゲートウェイやウォレットサービスの話ではなくFacebook、Messenger、インスタ、Whatsappの同社傘下プロダクトにおいて生じる個人間送金や物販などのためにワンストップの決済機能を提供するとのこと。
少なくとも当面はさして大きなインパクトはないでしょう。
グループのプロダクト間連携・統合を推し進める同社では初の本格的全プロダクト横断機能という意味ではやや注目、またリブラでダダ滑りした同社が挑む個人間送金という意味では規制当局も注目こそするでしょうが既にSquare. Venmo. PayPalら同じサービスが多数あるゆえ少なくとも米国では恐らく開始されるのでは。なおインドではWhatsappペイは政府の待ったがかかり未だ本格始動出来ていない、米国外では国によりバラツキはあろう。
リブラとの関連性は置いておくとして、特にSNSで展開しているスモールビジネスとかD2Cにはインパクト大きそう。インスタのECとしての側面が強化されますね。
ただ、Pay乱立の中で問題は普及の鍵になる利便性でどこまで他と差がつくのか。グローバルアプリだけに、越境ECとかには良さそうですが。
単独アプリではないのかな?ターゲット広告にデータを活用するって、この時期にまた物議を醸し出しそうな… Libraはかなり時間がかかりそうだから先ずは出来ることからやろうという感じかな。やるならPayPayを意識すれば良いのに。なんか中途半端は印象が。

フェイスブックペイはスマートフォンの生体認証や暗証番号などセキュリティー上の設定を備え、送金や決済が可能という。

フェイスブックは、フェイスブックペイで決済方法や日時、決済額などの情報を収集し、ターゲット広告に活用するとした。今週、米国内でフェイスブックとメッセンジャー上で利用可能になるという。
Libraの今の状況で、送金サービスをリリースするのは物議を醸し出しそうな気もしますが、ユーザーにとっては利便性の向上になるでしょう。

ユーザーに送金をさせるには、アメリカではMTLというライセンスが必要です。アメリカの法律は、裏側のベンダーがライセンスを持っていて条件を満たせばサービス提供できます。

日本は資金移動業が必要と整理されそうですが、その場合に日本でのサービス提供ができるのでしょうか?
昨日のベルリンの話を踏まえて眺めると、Facebookは本当にこんなことやりたかったのだろうか、SNS機能を長く維持可能な程度の収益があって、世界中の人が安心して繋がることができるプラットフォームとなれば十分だったのではないか、なんて見方もできちゃいますね…

https://newspicks.com/news/4375081?invoker=np_urlshare_uid638516&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare
FBのリリースはこちら。
https://newsroom.fb.com/news/2019/11/simplifying-payments-with-facebook-pay/
Instagramのメディア価値を解き放つきっかけになると思うので、注目しています。消費者にとっての手間感、出稿者やインフルエンサの手間と収益の両方が両立する必要があり、実際のサービスを使ってみないと今の時点ではなんとも言えませんが、デジタルコンテンツやファッションなどではうまくいく可能性を秘めていると思います。
昨今のFBへの逆風の中これが定着すればリブラへの期待も高まるでしょう。Q3までMAUやDAUが減った感じではなかったので、すんなり定着する公算はあると考えています。
一瞬見出しですごいかと思ったが、FBのようなSNSでは「金を払う」というモードや場面と遠すぎて、あまりユースケースが思い付かないところ。個人間送金は普通にあるんでしょうが。今後の事業展開に向けた布石なのかも、と深読みもできますが如何に。

と、ここまで書いて他の方のコメントを見ましたが、instagramコマースでの活用可能性の指摘があってなるほど、と思いました。そちらにも使うなら可能性がありそうですが、instagramでの体験に「facebook」の名前がつくサービスが入り込むというのは、直近の統合モードからみれば可能性はあるもののおおきなUXの変更になりますね
グーグルペイ、アップルペイ、アマゾンペイがあればフェイスブックペイもやりますよね。なんでこんなに時間かかったんだろう。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
62.6 兆円

業績