新着Pick
386Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米中貿易摩擦の影響を受けながらも4兆円を超え前年実績2135億元を上回りました。

日本ブランドは4年連続売上No.1とのこと。

インフラ面では今回のセールでヤマト運輸年間宅配取扱16億ケースの80%を処理したようです。

決済では東証ピークオーダー5000件/秒の70倍のトランザクション/秒をAlipay+Alicloudが無事に処理したとのこと。

こういう数字を聞くと本当に脅威であると思います。
日本では「いい買い物の日」とプロモーションされていますが、「独身の日」の方が根付くのが早いかも。
中国のニュースがインパクトありすぎて。
・顧客数5億人(昨年より1億人増)
・24時間での取扱高は2684億人民元(約4.1兆円)
・参加ブランド数 20万ブランド
・iPhone11は独身の日スタート1分間で取扱高が1億元(約16億円)を突破
・中国への輸出商品の国別合計では、日本が4年連続で1位
・米中貿易摩擦で経済成長が鈍化する中、取扱高が2割上昇
消費者には予算制約があります。安売りの日にこれだけ売れたということは、その分、他の日の売上が減るのではないでしょうか。いいことづくめとは思えないのですが。
ジャック・マー後という観点では、スティーブ・ジョブス後のAppleも踏まえて考えたい。
成長率やその外部環境を考えると、すぐに成長が止まるものではないと思う。そのなかで問われるのは、新しいものを生み出して、それを要因とした成長を続けられるか。
ちなみに、ビル・ゲイツ後のMSでも業績は伸びていたし、Windows⇒OfficeなどのB2Bシフトを進めたのは、個人的には過小評価されていると思う。
日本のブランド力は以前と比べて落ちたと言われていますが、まだまだ通用することが証明されたと思います。
政府としてさらに輸出を強化していくべきだと思います。
>中国への輸出商品の国別合計では、日本が4年連続で1位を獲得
背中を押されるような“ノリ”で買ってしまうネットの、それもバーゲンデーの、勢いは相変わらず猛烈だ。美顔器の話は「本物です」という天使の声を聞くとポチってしまうのですね。以前に中国に進出した「アルファロメオ」が実店舗で全然売れなかったが、ネットで一気に売れた話同様、「新ネットあるある」にノミネートされるだろうw。
13億件を配送できることに驚きです。
日本全体で昨年度42億個、ヤマト18億個、佐川12億個ですから。
物流だけでなく、倉庫や受発注も含め、ロジスティクス全体の自動化が、想像以上に進んでいるということでしょう。

中国の物流の品質面の問題はいろいろ報道されていますが、圧倒的な自動化は恐るべしです。コストの圧縮すなわち小売価格の低下をもたらしますから、消費喚起の大きなドライバーになっていることは間違いありませんね。
他の時期に消費してた金額を独身の日に移している部分もあるんで、この日だけの実績を見てもね、という状態
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績