新着Pick
1755Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
著者です。みなさま、今晩は。

昨年はビジネスモデル全史のマンガ版と、家庭教育書である『戦略子育て』を上梓しました。
そして今年はこの1冊、『新しい経営学』です。

この本は、女子栄養大学 食文化栄養学科における必修授業である「基礎経営学入門」から生まれました。なので仮題は『19歳の経営学』でした。内容はもちろん最新の経営論などではなく、経営学の新しい学び方、と言えるでしょう。2単位 90分×15回の講義で「経営学」を伝えるために考えたのが「ビジネスモデルの要素毎に語る」という方法でした。
でも演習は個別要素毎ではなくすべて4要素すべてを対象にしています。全ては繋がっているからです。そして本ではその演習が22個!
これだけ繰り返せば単なる知識でなく技になる、んじゃないかなと。

もともとが19万文字もあるので、4634文字への要約(41分の1への圧縮)はなかなかのもの。ご興味ある方は、無料お試し版(https://www.amazon.co.jp/dp/B07YFWV11J)を「講義の終わりに」から読んでみてください。
>投資家の反対を押し切って物流センターに投資し続けることで、アマゾンは数年で誰も模倣できない「持続的な競争優位」を手に入れた。

これは経営学とかMBAとかいう次元ではなく、経営者の力量、勘、経営センスによるもので、どれだけ学んでもマネできないし、学べば学ぶほど反対する立場になっていくと思います。
ターゲットとバリューの設定次第で、オペレーションの在り方も決まる。
Amazonが物流をおさえることにこだわったのは、vsリアル店舗だから。

事業運営を学びたい人に分かりやすい本、のようです。
経営におけるアジェンダを全社レベルと事業レベルを峻別して、後者の事業レベルの理解と実践に特化している本とのこと。
中身自体は、事業運営の基本のエッセンスを一冊に凝縮したような内容ですね。「新しい」かどうかは、、、、
確かに、こういう切り口で語っている経営学の本は見たことない、かもです。全体像を一冊で把握できるのはよいですね。
現在、MBAを修学中ですがMBAの限界を感じています。ケースを事例に学びますが、分析が主体で、現在の時代背景に合わせた解決方法を学ぶ機会は少ない。ハーバード・ビジネス・スクールはこの限界に早々に気付き、スターアップや大企業との連携を深め実地で学ぶトライアルをしています。
経営を俯瞰する視座としてとてもよくまとまっていますね。参考になります。

しかし、読んでもどこが“新しい”のかよく分かりません。
基本は必要なので、MBA不要論はないと思います。

例えば、ポーターの古典的戦略論も、知っていることが大事です。

どんな知識も、そのままでは使えることが少ないので、あとは、ツールや、フレームワークなどと、自分自身の直観(注:直感ではありません)を組合せて判断できるようになることが重要です。

昔から経営学は「過去事例を徹底的に分析することで、仮想的な経営経験を学ぶ」というやり方なので、変化が大きな時代になった今、いくら過去のケースで鍛えても、昔ほど役に立たなくなってきたとは感じます。

ただ最初に書いたように「読み書きそろばん」的な位置づけとしてはMBAを学ぶことも大事だと思います。

昔から思うMBAの難点は、「MBAの内容」ではなく「MBAを受けた人たちが、学ぶだけで満足してしまい、実際に実行しない」ことだと思います。

「知識として持っているだけ」では、単なる評論家になってしまいます。実際に「自分で実行する」ことで、初めて実践経験を蓄積できて、MBAの知識を価値につなげることができます。
『経営戦略全史』もよかったですね。
商品企画初心者には簡潔に纏まっていて、いい書籍だ。
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。