新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おお、アーカー教授のインタビューが。
ちょっとタイトルは煽り気味ですが、整理されたインタビューです。
アーカー教授が話している「高次の目標」が、企業ミッションとか、最近マーケティング界隈では良く出てくる「ブランドパーパス」ですかね。

高いミッションやブランドパーパスを掲げ、それを組織をサイロ化させないように全社一丸で取り組み、取り組みやコンテンツにストーリー性を持たせて伝える。

その成功事例としてテスラ、失敗事例としてセラノスが出てくるのがアメリカらしいですよね。
ある意味、企業価値を無限に膨らませ続けてついに逆噴射してしまったWeWorkも、その象徴と言えるかもしれません。

そう考えると多くの日本企業が失われた30年にはまってしまったのは、バブル崩壊後、組織がサイロ化してサラリーマン経営者が多く生まれた結果、自社のミッションや存在意義を忘れ、自社の商品やサービスをミッションからつながるストーリーとして語れなくなってしまったことが大きいのかなと改めて感じます。

でも、トヨタとか、日清食品とか、ユニクロとか、創業者や創業一族がそれを語り継ぐことによって、成功し続けている企業も日本にはたくさんあるわけで。
ヒントは意外に身近なところにあるのかなと思う今日この頃です。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.5 兆円

業績

業績