新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世論の適切な判断だと考えます。この問題については、メディアも再三再四、制度上の不備や準備不足を指摘してきましたが、なかなかアジェンダセッティングまでに至らす、力不足を感じていたところでした。今回の事態で、やっと問題点が広く共有されました。強行突破を図る文科省にとってもそのまま突き進んでいれば大きな禍根を残したと思います。逆説的で嫌味な物言いかも知れませんが、萩生田大臣は「いい仕事」をしたと思います。
共通テストの問題は、大学入試になじみがなくなっている世代と、当事者や関係者が感じるリアリティーのギャップが大きいことが推察されるため、幅広い有権者に尋ねる世論調査のテーマにするのは比較的難しいケースかと思います。それでも賛否がはっきりと出ていますので、それだけ問題が広く認識され始めているということの表れかもしれません。この問題は英語の民間試験にとどまらず、さらに記述式のあり方などにも広がりを見せています。引き続き、世論動向に注意を払いたいところです。
【素人考え】
まず、現状の英語教育が全然効果的じゃないってことのコンセンサスがあるべきかと。その上で、どう改善するかの方法を議論のテーブルに上げて、選ぶ。もしくは選んだ根拠を明らかにする。

トフル(提案)ありきに見えてしまうことが、コミュニケーションの課題なのかも。
来年度の導入の延期が決まった英語の民間試験の活用について、この決定を支持するか聞いたところ、「支持する」が53%で、「支持しない」の27%を上回ったとのこと。