新着Pick
499Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
間違いなく地銀は動きますね。
先週始まった銀行の中間決算でも、旧モラトリアム法効果の完全消滅もあり、与信費用の増加が目立ち、一層厳しくなりつつあります。

しかし、これまで各行が総力を挙げて頑張ってきてなかなか改善しなかった収益を、一度に多くの地銀の再建に取り組む他業態がどこまで改善できるのか… 人的資源は足りるのか…注目です。
なぜ福島銀行なのか。まさに本日からのNewsPicks特集「地銀新時代」の第一回にて、福島銀行を取り上げています。ぜひ、併せてご覧ください。

【新】地銀が安い。テック企業は銀行を買え!
https://newspicks.com/news/4370274/
せっかく身軽なIT分野を得意とするSBIが、過剰な人員や店舗を抱えた地銀と提携する意義がはっきりしません。

いずれにしても、大胆なリストラを要求するであろうことは予想されます。

地銀行員の人たちは、覚悟を決めておいた方がいいかもしれませんね。
第4のメガバンク構想は、まずはバックオフィスや本部機能の統合によるコスト削減になるでしょう。その中でも1番の削減できるのが人件費。人の削減は最も抵抗勢力が多いので何処まで進められるのか(またどの様に優秀な人材を確保するのか)がポイントとなると思われます。
中国ではアリババが地方のパパママショップのデジタル化を進めてきたように日本ではSBIが地方の金融機関のデジタル化を進めていく!
地銀の業務効率化は全く進んでいません。いまだに紙の伝票を多量に扱うなど、近頃の大企業ではあまり見ないようなところも多いです。

そこにITの得意な新興系企業側進出するのは、最終的に日本の地方金融をすくう可能性もあります。地銀の復活があるとすると、これも一つのきっかけになるのでしょうか。
この動きはしばらく続きそう。中長期的には、SBIホールディングスが最終的に、どんな形でexitするのかも注目していきたい
福島銀行の傘下入りは時間の問題でした。
「福島銀行は昨年度、業績低迷により金融庁から業務改善命令を受けるなど、前途に赤信号が灯る。おまけに20%弱の株式を持つ筆頭株主のプロスペクトの業績が悪化し、いつ株を手放してもおかしくない状況だ」(FACTA10月20日号より)。
北尾SBIの「次の標的」はどこか?
清水銀行、じもとHDにリーチがかかっています。
FACTAの予想どおりなら。
https://facta.co.jp/article/201911013.html
島根銀行、福島銀行
わかりやすいアレですね
以上です
https://newspicks.com/news/4282567
あまり緩い資本提携では意味がないので、SBIは株主としての規律を徹底的に行使して初めて価値が生まれるでしょう。
アメ(テクノロジーの共有)とムチ(規律付け)をうまく使いこなせば、模範的なモデルケースになるはずです。
株式会社福島銀行(ふくしまぎんこう)は、福島県福島市に本店を置く第二地方銀行。 ウィキペディア
時価総額
44.5 億円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
3,733 億円

業績