新着Pick
432Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほど、ビックカメラではこういう取り組みを強化していたのね。来店客を増やす施策とのこと。「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」に初めて設置したとのことだが知らなかった。。。ビックロの目の前にうちの公式ビアレストランがあるので今度お店に寄ったついでにビックロの試飲カウンターも利用してみよっと。
確かに「角打ち」がちょっとしたブームになっているし、試飲をして気に入ったら買う、というスタイルはリーズナブルかもしれません。
先日、新宿の日本酒バーに行きましたが、少し気取った感じで、ちょっぴり敷居が高かったです。その点、ビックカメラで軽く一杯というのは会社帰りには気軽でいいですね。
ただ、酔っぱらって気がビッグになって、高価な時計とか買わないように気を付けないといけませんけどね。
集客力のアップには、試飲とは言え、お酒が安くで飲めるのは魅力的。

まさか、酔っ払っての衝動買いを期待している訳ではないだろうが、
お客が他の売り場についでに寄っていく可能性も高いし、試飲の結果でお酒が売れれば粗利も高い。
冒頭の写真に映る「兼八」。別府のお寿司屋さんで飲んで以来自宅に常備してます。
試飲して購入出来るのはありがたいですね。
ほろ酔いで予定外のものをついつい購入してしまいそう。

カメラ需要の低下も感じる記事です。
おつまみもありちょい飲み需要にも。ビックカメラとしては試飲で儲ける必要はないので、逆にそこで儲けようとする業界からすると他業種からのちょい飲み続々参入への脅威は感じるところです。
一種、家電量販店の「ドラッグストア化」や「デパート化」が進んでいる印象。
専門店だと目的が限られるし、特に購買頻度が少ない商品は来店頻度の少なさにもつながる。そこに利益最優先ではない目玉商品を増やして、それをキッカケに来店・購買を促す。
色々な種類があることは、様々な買い物のニーズを満たすし楽しい場。昔はデパートがそうだったのだが、買い物が「憧れ」だった時代やそのコスト構造を引きずってしまっている。一方で、色々なものが一つの場にそろっていること自体の魅力は今でもあり、そこに他業態が侵食している形(顧客視点での最大の違いは衣服の扱いだろうが)。
ビックカメラ赤坂見附店も、1Fの広いフロアが酒販コーナーであり、試飲カウンターもあります。ただ、ワインや日本酒の品揃えがいま少し。もう少し仕入力が向上すると、人気が広がるように感じます。
昔、有楽町のビックカメラでお酒を販売し始めたときに驚いたことを、思い出した。同時に、種類が豊富(提案が上手い)でお値段が期待通り(安い)ならば、売れるだろうなと思った。今でもあるということは結構売れているんでしょうね。

しかし、試飲とは面白いですね。上記と同じように提案が上手ければ試飲して買ってしまうでしょうね。美味しいらしいけれど、飲んでみなけりゃわかりませんものね。それなりのお値段であれば外れくじ(期待外れ)は引きたくありませんものね。
家電量販店のケーススタディとして参考になる記事。
酒の試飲コーナーが新しい店舗体験をつくっているとのこと

酒の試飲コーナー設置

①店舗全体の客層を広げる
②来店頻度が高まる
③家電製品とのクロスセル

顧客数増、来店数増、メインの家電売上増につながる打ち手
ビックカメラそのものは、随分と前から酒販に力を入れていたのは認識していましたが、試飲までできるようになったとは知りませんでした。
結構、レアなお酒も置いてあった記憶があります。
そこそこ良いお酒をちょい呑みする場としては、良いのかもしれませんね。