新着Pick
314Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セカンドストリートはリアルなメルカリ、ドンキホーテはリアルなAmazonだと解釈するとしっくりきますよ。ネットが中古流通のマーケットを革新したのだと思う。
レンタルDVDという既存事業に座していては、将来の危機は目に見えています。しかし、本当に危機が迫ってから事業ポートフォリオ転換を図っても遅い。将来予測に基づき、創造的破壊を伴う変革を行う胆力が必要です。
業績悪化に苦しむ百貨店やアパレル企業等にも示唆のある先例ではないでしょうか。
私もセカンドストリートに服を売りに行った経験がありますが、ニーズとしてはメルカリでひとつひとつ売るのは面倒で、まとめて査定してもらえるセカンドストリートに持っていったというものです。メルカリのほうが高く売れる印象はありますが、一気に売りたいときは良いと思います。大阪の駐車場付きのロードサイド店では、段ボールを抱えて服を売りに行っている人をよく見かけます。
へ〜っ、知らなかった!>レンタルDVDのゲオのアパレル「2nd Street」急成長。店舗数は600店超と国内ユニクロの8割に迫り、売上も500億円に。
セカンドストリート=ゲオと言うのはゲオを利用している人でも知らないことが多いのではないでしょうか。店舗数で大手アパレルと比べるのはちょっと基準が違ってくるので意味がないと思いますが、確実に店舗数は増えている、そして人気があることも間違いないと思います。
セカンドストリートの戦略は、地産地消です。
その地域に住んでいる人によって、ライフスタイルはある程度グルーピング出来るほど店舗数が多いから出来る強みですね。

最近あまりお店に行っていませんが、

東京・原宿や新宿の旗艦店には、ファッション感度の高い客がこぞって足を運ぶ。

都内旗艦店舗には、外国人も随分来ていますね。
日本の古着は綺麗だと彼らは言っています。

ゲオ、セカンドストリートを合わせた直営店店舗数は、今でも小売業日本トップでは?
直営店オペレーションのノウハウの蓄積が強みかて思います。