新着Pick
1542Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
嫉妬をしないように、人を羨まないように、と思っても、人間なので嫉妬したり羨ましいと思うことは普通にあると思います。
それをどちらの方向のエネルギーに換えるか、ですね。
なにくそ!と自分ももっと頑張ろういう方向のエネルギーに転換できると強くなります。
他人は他人と思うこと、あとは、長期的な視点で物事を考えるのが良いかな、と思います。
私の場合、女性ゆえ、下駄を履かせてもらっていたこともあり、嫉妬されたこともありますが、それも出来るだけ気にしないようにしました。
下駄を履いていると認識した上で、下駄が見えなくなるように実力つけようと。
人は他人をコントロールできないし、それぞれ感情があるので、こう思ってほしいと思ってとった言動も誤解されたり。
そういうことはしょっちゅうなので、とにかく、自分という軸を持ち、他人と比べず、他人を否定せず、自分なりの道を探す。
そうやって、少しずつ強くなっていくしかないと思います。
成功していると見える人も、意外と本人には悩みや苦悩もあったりするものと思います。
お金もなく、色々な不幸に見舞われた若かりし頃、リア充な人たちをdisって溜飲をさげていた典型的負け組だった私にある人がこう言いました。

「大山、世の中は結局人の幸せを願う人が勝つんだよ。」

だからお前はダメなんだと言われているようで、とても恥ずかしかったのと同時に、何故か妙に腹に落ちた記憶があります。

いまだに人の幸せを願って勝てるほど人間ができていませんが、あの時の言葉は今でも忘れられません。
他人との比較はキリがないので、辞めたほうがいいですね。
年収1000万円(世帯では1500万円)を超えると、幸福度が下がるといわれる理由がこれです。

僕は幸せですが、共働きなので贅沢品を買わなければ生活に不自由していないことも理由の一つです。

近所に高級車はたくさん停まっていますが、羨ましいと思いません。
年に数回レンタカーを借りれば済むため、無駄なことにお金を使う気はないからです。
今なら高級車もレンタカーで借りれます。

近所の3階建の一軒家を見ても羨ましいと思いません。
老後に膝が悪くなったら、住みづらいだろうなという見方をします。
それなら老後も今住んでいるようなマンションの方がいいなと思います。

子供の教育費を確保したうえで、年に数回の旅行と、自炊が嫌いなため食事を買って済ませられるお金があれば十分です。
それ以外の時間は子供と遊ぶか、Netflixを見るか、ジムに行きます。
今はお金をあまりかけずに楽しめる娯楽が多いから、助かります。
嫉妬?
しました、しました。
でも私の場合、タチが悪かったのは、当時、自分が他人に嫉妬してることを認めなかったこと。

シンクロ競技生活で、小さい頃から一緒で、同い年で常にソロではライバルだった小谷実可子ちゃんのことはずっと嫉妬でした。笑

嫉妬のおかげで、練習しました。
嫉妬のおかげで、一緒に五輪も出ました。笑

ちょぴーーーーっと私より顔がキレイで、足がながーい(これはチョピっとの差ではなかった)ミカちゃんは、羨ましいし、ずるい(なにがどうずるいかは意味不明ですが)と思っていました。

引退後も、華やかなミカちゃんが羨ましい羨ましい。

そういう自分のことが大嫌いでした。
人を嫉妬するのはカッコ悪い。

だから、引退後、心理学勉強しました。
今のキャリアは、自分のアホな嫉妬のおかげと思ってます。笑

嫉妬するな、と言われてもする時はしてしまう。
べつになくさなくていい。
しょうがない、それが自分なんですもん。
それを自分の肯定的行動に役立たせればいいだけです。
だから本当のみっともない感情にちゃんと気づく。大事です。
他人の成功に嫉妬?

…そんな心の余裕とヒマがないんですけど…(^^;;

むしろ、嫉妬する余裕のある方々が羨ましい…
あれ?わたし、嫉妬してる!?!(◎_◎;)
メンタルが強い人が嫉妬しないのでしょうか?

私は、人の弱さを知っている人、大失敗して友人達のサポートでリカバリーした人、その上で、自分のポリシーを確立している人は、他人の成功には振り回されないし、嫉妬しないのだと思います。

たんに強いだけでは、ある時、ポキっと折れますからね。
メンタルは強いより、しなやかな方が良いと思います。

追記
牧田先生、先生のグルメ写真は、周りは意外性を期待しているのです!!私は、牧田先生が釣った鯵の南蛮漬けの写真が一番印象的でした❗️
人の不幸は蜜の味、随分昔から妙味を得ている言葉があったものですね笑。

自分がなりたい未来像、成功の定義を明確に設定することが出来たならば、嫉妬は起きないと思ってます。
記事にもあるとおり、嫉妬は人と比べることから発生することが多いですが、具体的に自分の進みたいべき道を設定することができれば、それと全く同じ道を目指している人に出会うことはほぼなく、比べる対象すらいなくなりますからね。

成功、という概念はその人その人特有のものでしかなくなりますから。
自分のペース、自分のやり方で、自分の成功をつかむ。

嫉妬して、虚勢を張って、自慢話ばかりする人になると、カッコ悪いですよ。

嫉妬しても自分の心が喜ばないことは、知っているはずです。メンタルが強いとか弱いとか意識しなくていい。
地球上の(場合によっては地球の外も含めて)課題を様々な世界観と感性で切り取って、ナラティブに落とし込み、あらゆる壁を越えて共感できる仲間を見つけてクエストを始めたり、誰かと一緒にクエストに参加したりして課題解決に取り組むことができる時代。ゲームの主人公のようにリアルな世界においても自在にクエストを創り出して自分の人生の主人公として生きていくことが可能になってきている訳です。企業も個人も周りと比較して誰かの成功に嫉妬するよりも、自分のクエストを見つけてそれに力を注いで経験値を高めていった方が良いですね。
記事にある5つのテクニックを実践して、強そうに見える人にはなれそうな気がしますが、本質的に強い人間にはなる自信はありません。
ストレスを感じやすいという自覚があるので俯瞰することを心がけています