新着Pick
626Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業内の誰と組むか、は本当に大事です。
社内を通せたり調整できる人かどうか。
そして、さらには、意思決定レイヤーの方と、手も動かしていただけゆ若手現場レイヤーの方の両方の味方がいると最高だな、というところです。

その方々がいずれ大出世していくような、そんな成果をお返ししたいですね。

独立起業前も、会社間で新しい提携事業をやるときは、相手が相手の会社の中で評価され出世していくような成果を出したいと思っていました。

今も同じです。
ベンチャーと大企業のすれ違いは、スピード感の違いによるものがほとんどという指摘はその通りと思います。見方によってはその一部ですが、事前にリスク回避したい、という意識が非常に強いので、担当者は「リスクがないことの証明」をさせられ、ベンチャー側が延々その対応に追われる、ということも。ただ、これはある程度の規模の企業になれば当然起こる構造的なモノなので恨みっこを言い合っても生産的ではない。大企業側はそういう構造にあることをきちんと認識して「決められる」体制を意識的に作り込むことが競争力になるし、ベンチャー側は大企業の論理をわかった上で、その目利きができたり(望みが薄い先とは付き合わない)、社内でうまく立ち回れるように動いてあげられる会社が勝っていくんだろうな、と思います
ベンチャー企業が急成長するための課題の1つが大企業との提携にスピード感がないこと。

その解決策として、
ベンチャーマインドを持ち、かつ、大企業の中を動かせる大企業側の人材の大量輩出が不可欠になります。

それが、
大企業内30代社長300人創出計画の裏の狙いです。

ベンチャー企業があっという間に大企業と組んで事業を加速出来る世界観を実現して行きたいと思います。
「ベンチャーと大企業では、1カ月後に打ち合わせ、という言葉の重みが全く違う」「ネットワーキング会場で出会える人は、情熱はあるが社内を動かせないことが多い」・・。ベンチャー現場を数千件見てきただけあり、斎藤さんの言葉はリアリティに溢れています。
具体的で説得力のある教え。
中・大企業で働く人にも、ベンチャーで働く人にも、極めて実際的なノウハウだと思います。
「1つは、スキルはそこまで高くないが、非常に熱量が高い人。もう1つは、熱量はそこまで高くないが、優秀で社内を動かせる人です。この2通りの担当者を、セットで口説いてチームで動いてもらわなければうまくいきません」
「起業家がチャレンジを続けられなくなるリスクは、主に不正を犯すか、健康をすることです」
大企業相手の法人営業経験はひとつのスキル。
古巣リクルート時代には営業を体系化した研修があり、当時社内共通言語として、今でも大手とのプロジェクトでは役に立っています。
ベンチャー側は宙に浮く背景などに想像力が働き、どう前に進められるか、大事。

大組織で、大きな案件を進める力がある人はありがたい存在です。
とはいえ、そう多くない人材。また社内力学で事情が変わることもある。大企業論理を待っていられない側面もベンチャーにはあります。
大企業とベンチャーの両方を経験している事から言えるのは、双方の歩み寄りが成功の秘訣です。
スピード感の相違は解決すべき課題ですが、お互いの言い分があります。例えば、実体験として
ベンチャー:大企業は意思決定に時間がかかる
大企業:ベンチャーの資料や提案が雑な場合があり、社内調整する前に担当者が相当程度修正する必要がある など

ベンチャーと大企業の連携成功に限定された事ではないですが、社内調整できる人材とのネットワーク構築のみならず、相手側が社内調整しやすい提案(潜在的なニーズ含む)を能動的に行う事が必要と思います。
このインタビュー記事は、スタートアップか大企業かを問わず、世のあらゆる組織で通用する金言のオンパレード。じっくり読みたい記事です。

最初から最後までウンウンうなずきながら一気読みしてしまいましたが、本当にそうですね。

私が関与するスタートアップでは、日本の大企業は捨てて、最初から(バーンレートに敏感なシード期だからこそ)海外の大企業ばかりをお客さんにしている会社があります。

海外の名だたる大企業には「非常に熱量が高くて」かつ「優秀で社内を動かせる」人がゴロゴロいます。

結果、めちゃくちゃ速い。何にしたって速いです。提案して「やる」と決めるのが速い。「やらない」と決めるのも速い。やり始めてから「やめる」と決めるのも速かったりします。

海外の大企業をお客さんにできると、日本の大企業もお客さんにしやすくなります。なんたって、日本人(日本企業)は、なびくのは速いですから。

スタートアップこそ海外から攻めるというのも大アリだと思います。
ベンチャー企業と大企業とのJVで起こりがちなこと、そこに対する現実的な解がリアリティーをもって語られていますね。自前にしろ買収にしろ合弁設立にしろ、新規事業は一定のリスクをはらみますし、もちろん失敗の確率もそれなりにあります。ベンチャー企業から見た時に、意思決定のスピード感と合わせて、このリスクの許容度をどこまで合わせられるかはとても重要だと思います。
個人的な経験ではスピード感の問題よりも、以下に問題意識がある。

“起業家の視座を「個人」ではなく「社会」に引き上げる必要があります。”

大企業とスタートアップの提携において、目指すべき世界・実現したい社会の目線合わせは何よりも重要。大企業側の経営陣と起業家、トップ同士の距離を近づけられるかが提携においてのポイント。
その点では、大人ベンチャーの方が成功確率は高いと思う。