新着Pick
825Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業内30代社長 300人創出計画についてインタビュー頂きました。

大企業の若手層が30代で子会社の社長になることで、将来、本社の社長や役員になる、あるいは、カーブアウトしてメガベンチャーを目指す。

これを1つのメジャーなキャリアにして行くことが今の日本のイノベーションを加速する意味で最重要なテーマだと考えています。

前編は大企業側の視点、後編でベンチャー側の視点からお話していますので、ぜひご一読下さい。
「大企業がベンチャーに出資するだけでは、事業はあまり生まれない」
というのは全く同意です。

一方で、その代替策として挙げられているJVも必ずしも万能策とは言えない印象です。
・両社の上下関係が不明確になりやすいので、意見がすれ違った時に前に進まない
・したがって、very top同士で握れていないと現場レベルでは擦り合わない
ためです。

本当に何かを生み出したいなら、TOP同士が心から「両社で補い合うことで変革を起こしたい」と思う必要があります。
CVCによるマイノリティ出資もJVも、その実現をサポートする座組みに過ぎないと思っています。
ご自身が30代で経験されたことに基づいているので説得力があります。

・経営力は修羅場をくぐり抜けてきた回数、意思決定した回数に依存します。だから30代のうちからそうした場面を経験しておかなければ、長期的な改革に不可欠な決断力や胆力が磨かれないのです。
・Jカーブ谷間に落ちている期間に心がおれないためには、視座がどのレイヤーにあるのかが重要。

イノベーションには大企業の変革が必要だと思います。CVC,JVそれとも他の形があるのかもしれません。引き続き齋藤さんが日本のスタートアップ業界をリードしてくれることを期待しています。
別に30代でなくても良いはず。むしろ何故その年代にこだわるのかが分からない。
年功序列は関係なく、また若いからといって権利を多くもらえるということもなく、本来的な実力とやる気、コミットメントを尊重するべきだと思う。

つまりは現行事業のポストもそう考えないといけないということ。
事業の創出や立ち上げのスキルと、マネジメントのスキルは違うので、そこはしっかりと見極めて多様な人材を組み合わせられるように考えた方が良いと思う。

我々のグループはやたらとJV作ってるけど、役員で入っていく年代は様々。
また役員でなくても、経営企画などの中枢ポストに若くして入ることもあるが、やはりそこでの成長スピードは半端ない。

どんな年代でも、責任(これとても重要で責任を取らせてないケースがとても多い)と権限を、思い切って与えることが大事なんだと痛感します。
斎藤祐馬氏が登壇したイベント「実践:ゼロから始めるスタートアップ」に合わせ、斎藤氏のロングインタビューを掲載します。長らくベンチャー支援を行ってきた斎藤氏が次に見据えるのは「大企業の30代社長輩出」。その真意は極めて真っ当で、かつ説得力を帯びたものでした。
CVCは投資のパフォーマンスを出しているところもまだ少ないし、PL貢献も少ない中で懐疑論が出るのは致し方ないのかも。

JV設立による若手社長抜擢は素晴らしい取組みだが、JVは新規事業であり、0→1ビジネスであることも多い。大企業の大きなPLに貢献するまでに事業が育つには時間がかかる。

JVにおいても、設立の目的明確化、中長期視点で取り組む必要がある。
「大企業×スタートアップ」の掛け合わせこそが、社会インパクトの最大化につながると強く感じます。大企業発スターをどれだけ産めるかが、今後5年のカギとなるはずです。
ちなみにFAMGA、母体の大きさの割には、LinkedInやWhatsAppなどの超大型買収10件ほどを除くと、M&Aのバリュエーションは小さいものが多い(とはいっても日本円で数百億円のは大量にあるが)。
自社の競争力が強くて、スタートアップがそのなかに重ねられる・組み込まれると一気に顧客が得られるような構造があるという理解。
https://newspicks.com/news/4350773
「大企業のイノベーション」というミッションで、共感し尊敬する斎藤さん。本当に素晴らしい取り組みと思います。何より自らが新規事業推進されてこられただけに説得力がある。

恐らく「30代社長」であることに意味があります。「30代部長」や「30代役員」では重責ではあっても大組織の一部。小さい組織でも、トップとしての意思決定の自由度、そして結果に対する責任を持つことですね。あとは成功した場合の報酬インセンティブを大企業の中でどう設計するか、エース人材を本業から離してどう抜擢するか、などでしょうか。ベンチャーに出資するだけのイノベーションから、自らがリスクを取って変革する時に来たと言えます。
大企業がスタートアップと協業するといういう姿勢は大切ですね。そこに若手人材を投入する。スタートアップとの事業化で苦労した経験は、何モノにも代えがたい。

大企業の姿勢が変われば、経済が変わり、社会が変わる。そうなると、スタートアップも生まれやすくなります。世界の経済は、スモールビジネスで支えられてています。