新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不眠症の治療には日中の生活指導を含みます。

遅い時間の昼寝(夕寝?)、夕方以降のカフェイン、寝る前のブルーライト(ちなみに視力にはまず関係なさそうです)を避けること。
就寝1時間前の入浴や、就寝時間を規則正しくすることが必要です。

また、例えば眠れないのにベッドに入っているのはやめた方がいいでしょう。

ということでベッド上の何かより、夜間の睡眠の質には日中の過ごし方が効いてくるようにも思います。そこに効いてくるスリープテックが必要かと。

とはいえ、医学とは違う、健康グッズ程度に楽しんで試してみては?とも思います。

人はみな必ず眠りますし、不眠にせよ過眠にせよ、睡眠の質にせよ、何も問題ないという方はむしろ少ないのかなと思いますので市場規模は大きくなるばかりなのでしょうね。


医学的には、睡眠時無呼吸症候群が隠れていないかといったことは最低限見とかなきゃないけないところですし、薬物療法とともに非薬物療法の併用が必要になってきます。エビデンスが集積されればこういったスリープテックももしかしたら非薬物療法としてなを連ねるかもしれません。

(医療という側面からは生活指導などは何もせずに睡眠薬を処方して増やすことはあっても漸減や中止を目指さないという問題もあったりしますが、、、)
昨今、睡眠が大きなビジネスになっています。

その原因は、就寝直前までスマホやパソコンを見ているからでしょう。
ブルーライトが睡眠を妨げると言われています。

寝る前はほどほどに・・・でしょうね(^_^)
快眠グッズ、色々な種類があるのですね。
仕事のパフォーマンスにも影響するので、質の高い睡眠へのニーズは多いですね。
疲れた大人の眠りの質を上げるのも良いですが、赤ちゃんの眠りをうまくコントロールできれば、お母さんも相当楽なのになぁと常々思ってます