新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この訴訟一件がどうかということより、この後この種のclass action suitが無数発生する、ということが問題です。

勝てそうかどうかは関係なく、弱みをついてハゲタカのように群がってくるはずです。

クラウレさん、大変ですね。。
上場計画の撤回による企業価値の急落についてが論点とすると弱い気がします。
上場計画撤回前に資金調達した際に投資家に説明したプロジェクションから撤回時までの期間が極めて短期間であったり、バリュエーション急落の要因が前回プロジェクションからの大幅下方修正であり、前回プロジェクションがバリュエーションをインフレさせるための根拠なきプロジェクションだったと立証されれば可能性はあるのでしょうか。
本件、今後が気になります。
部外者が言うのは余計なお世話でしょうが、この訴えよりも、SVFのLPやソフトバンクGの株主の心中いかばかりかの方が、よほどクリティカルでしょう。

結果として、ソフトバンクGは自社が運営するSVFが出資した前回ラウンドのバリュエーションの6分の1弱の価格でWe Companyの80%近くの株式を取得しています。ことの成り行き上、他に支援するプレイヤーもいなかったのでしょうが、ソフトバンクGとして80%もの株式を取得できたんだから、孫さん的には成功だったんじゃなかという人も、中にはいます。

一方で、We Companyの今後の事業進捗がより厳しくなるようだと、ソフトバンクG株主の利害よりもSVFの利害を優先していると指摘されかねません。
アクティビスト投資家であれば、喜んでウォッチしたくなる状況なんじゃないでしょうか。

今後、We Companyの事業が上向くにしても悪化するにしても、随分と危ない橋を渡っているなと、改めて感じます。
まぁ事の良し悪しはさて置き、シリコンバレーの起業家も裸足で逃げだす、生粋のリスクテイカーですね。
異様に高い想定時価総額でSVFが増資に応じ、それ以上の株価で上場すると喧伝し、経営者がそれに沿うような資料を提示し、IPOを取りやめた後に従来の数分の1の価格でSBGが経営支配している状況が客観的に証明できれば、投資家や既存株主に錯誤を生じさせたと言えなくもない。こういう訴訟は、一応注視し、もしほかの一般株主に広がりを見せ始めたら甘く見ない方がいいと思う。少数株主と大株主の利益相反の一例です。
上場申請は撤回可能なのでは?

未上場だから公開された株価は存在しない。だから、企業価値の毀損ではあまりに抽象的で損害が生じていることを主張しずらい。

そこで、信義則違反を理由にしたのだろうが、弱い。
目論見書の虚偽性や上場計画の詐欺性を争ったらどうか?

民主主義を実体化した資本市場についての規律を重んじ、それへの違反に厳罰を課すアメリカだから、日本とはだいぶ異なるのだろう。
>長期リースで確保したオフィススペースを短期的に貸し出すビジネスモデル

これは確かに好ましいビジネスモデルではないですね~。

長期リースであれば空きが増えても期間内はリース料を支払わなければなりません。
収益源が期間的に不安定であるにも関わらず、長期間のリース料支払いというコストを甘受しなければなりません。

場所変更も機動的にできないというデメリットもあります。
ビジョンファンドの含みがOYOとTikTok頼み。こちらのニュースの方がインパクトが大きいと思うけどね。ウーバーは既に含み損の状態だが更に下がっている。

ソフトバンクGファンド投資、命運握るライドシェア
https://newspicks.com/news/4368688

ちなみにソフトバンクGはアクティビストの格好の攻撃対象。アリババの含みと株価が大きく乖離している。

https://newspicks.com/news/4361067?ref=user_527032

自分の会社?
私がアクティビストならソフトバンクGを攻めるよ。
アリババ売って配当しろ!
間違いなく狙っている奴はいる。

あっ、これって会社にとっても悪いことじゃないよ。
非上場企業の場合、価値急落というのをどう立証させるのかとても興味があります。株主代表訴訟に関しては、アメリカでは計量経済学的手法で頑健性の高い立証結果を提出することがザラと聞きます。日本は‥のようですが。
しかし、立証するにも肝心のデータがないです。それでも個人の方が強く味方されやすい物なのでしょうか。法律素人ですが、立証法と落とし所が気になります
まぁ、米国の弁護士たちが放っておく案件ではないでしょうね。

例のごとく、原告のためというより、自分たちの成功報酬目当てで、多くの訴訟がタケノコのようにでてくる可能性もあります…それが米国。
気持ちはわかりますが、現実にどの論点で争うのか、詳報を追いたいです。新興企業の従業員が株式で報酬を得ることのリスクとして他でもありそうな案件かと思います。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績